Tinderは無料でできるマッチングアプリ!リアルな口コミと評判を紹介!

Tinderのいい評判

Tinderの良い評判としては、

  • 気軽にすぐ会える
  • 課金をしなくても年齢確認さえ出来れば無料でメッセージのやり取りが出来る
  • 以前のtinderとは違い年齢確認の為に身分証明書を提出しないとメッセージができないので18歳以下の人と出会う事はない
  • イケメン、美女、可愛い子が他のアプリに比べて多い
  • Tinderをやっている人は基本的に出会うのが簡単」などがあげられると思います。

また、Tinderは世界的に人気のマッチングアプリになっているので日本でも外国人とマッチする場合があります。主に留学生で日本語の勉強を教えてくれる人を探しているといったことが多いです。

簡単にやり取りが出来て、遊び相手を探している人が多いので比較的他のマッチングアプリに比べると出会いやすいです。

無料でマッチングアプリを始めたい人におすすめ

また、メッセージのやり取りが無料で出来るのも他にないサービスなのでお金をかけずにやりたい人にはお勧めです。

無料で利用する場合は12時間で120の「LIKE」しか送れないという制限はあるのですがその中でも十分に出会うことができるのでTinderはお勧めです。

Tinderの良くない評判

Tinderの悪い評判としては

  • ワンナイト目的が多い
  • 写真詐欺にあう事が多い

これら二点が大きいです。

Tinder=ワンナイトのイメージを持っている人は多く、YouTubeやTIKTOKで「即日tinderお持ち帰り企画」などが一時期youtuberの恵比寿ジャップを初めとしてかなり流行った時期があり、そこからTinder=ワンナイトのイメージが付いたと思われます。

実際に合った子に「今までTinderでワンナイトとかある?」などといった質問をすると「全然あるよ」などと答えることが結構多いです。

また、男性もほとんどがワンナイト目的でやっているといっても過言ではないので「恋人が欲しい」などと思っている人にはあまりお勧めしません。

写真加工されていることが多いのが現実

その他では「写真詐欺」が男女ともにあります。加工アプリを使っており実際に合ってみたら、凄い太ってたり、全然別人だったという事もざらにあります。

しっかり見極めることが大切ですが、メッセージのやり取りで仲良くなってインスタなどを教えてもらうのが一番いいです。

友達の投稿に乗っている可能性や、自分の投稿で顔を出している可能性があるのでお勧めです。

「ワンナイト目的が多い」「写真詐欺にあう事が多い」の他にも、サクラが紛れている、ビジネス勧誘に誘ってくる人がいる、などといった悪い評判はありますが見分け方は簡単なので注意さえ払えば引っかかることはありません。後に見分け方を解説していますのでご覧ください。

Tinderの安全性

TinderはもともとFacebookか電話番号のみで登録できる為身分証による年齢確認はありませんでしたが2020年の3月頃から一部のユーザーに年齢確認が開始し現在2021年7月現在では全ユーザーが対象になっています。

マッチングは出来るのですが、その後のメッセージやり取りをしたい場合は年齢確認が必要になります。18歳以下と出会う可能性はないので安全性は期待できます。

自身の安全性を守るためにはいくつかtinderをやる上で知っておかなくてはいかないことがあります。

個人情報の掲載は避けよう

一つ目はTinderのプロフィールに自身についての詳しい詳細を載せないようにしましょう。年齢確認で安全性が考慮されているといっても画面の向こう側にいるのは見ず知らずの人間です。危険な考えを持っている人だったら自分の住所に来たり、学校を特定し何をするかわかりません。

特に、Facebook登録をする人は注意が必要です

Facebookに会社名と学校を登録していた場合、Tinderにも反映されてしまします。知らない間にプロフィールに自分の情報が載ってしまっていることがあるので、Tinderを始めた際に絶対に確認してください。

プロフィールページの情報の編集から削除、変更ができます。

LINEID掲載者には注意

二つ目はプロフィールにLINEのIDを載せている人です。

これは100%サクラ(業者)です。以前までのtinderではそこまでサクラはいなかったのですが、有名になるにつれてかなり多くなっています。

見分ける方法は簡単で

  • プロフィールにLINEのIDを載せている人
  • プロフィールに性的行為が好きと書いている人
  • プロフィールに書いてある日本語が少し、変な人

に気を付ければ騙されることは少なくなるでしょう。

普通の人はLINEのIDをプロフィールに書きませんし、LINEを追加しても性サービスの提供の代わりに金銭を要求されます。

追加したLINEは公式LINEになっているのですぐにサクラとわかります。

LINEでやりとりをしたがる人

三つ目はすぐにLINE交換を強要してくる人です。

これは特に女性に注意していただきたいです。

すぐ会って手っ取り早く性的行為をしたいと考えている為、高確率で最初の会話でLINE交換をしたいと言ってきます。

必ずしも全ての男性が該当するわけでは無いのですが注意してください。tinder内で会話をした後、交換したほうが信頼感はあるのですぐに交換するのでは無くマッチした人を見極める為にもある程度会話してから交換したほうがいいです。

Tinderの料金プランは?

tinderでは、無料会員であってもマッチやメッセージが無料でできるので、無料でも出会う事ができるのでかなりお得です。

無料会員だとかなりのイケメン、美女でないとマッチ~トークまでのステップで躓いてしまいます。

有料会員になると様々なアイテムや効果によってマッチのしやすさが何倍にも増大するので、無料会員よりも効率的に出会えるようになります。

Tinderには、無料プランの他に有料プランである「Tinder Plus」「Tinder Gold」、「Tinder Platinum」があります。

無料プランと有料プランの違い

無料会員との主な違いは、「LIKE」を無制限に送れるようになる事やスーパーライク、ブーストを回数制限で使用できることです。

Tinder Goldでは、Tinder Plusの機能に加え、貰った「LIKE」の確認ができすぐにマッチすることができるので普段そこまでマッチしないで困っている人にはお勧めのプランになっています。

普段「LIKE」を貰うことが多い人は、無限にスワイプできるTinder Plusで十分かも知れません。

Tinderの有料プラン「Tinder Plus」「Tinder Gold」、「Tinder Platinum」の月額料金は

プラン名IOSAndroid
Tinder Plus1,200円2,200円
Tinder Gold3,400円2,300円
Tinder Platinum4,300円4,200円

となっており、Tinder Plusの場合はIOS版の方が安いですが、Tinder Gold、Tinder PlatinumになるとAndroid版の方が安くなっています。

ですが、100円しか変わらないのでTinder Plusを購入する以外は機種は気にする必要はないかと思われます。

他のマッチングアプリも月額で近い金額がかかりますが、同じ料金を出すなら、「ペアーズ」や「タップル」などの、質が良いマッチングアプリに課金するほうがおすすめです。

お互いの共通点や趣味が分かる機能が多々あり、しっかりと恋人を作りたいなどと考えている人はtinder以外を使うことをおススメします。

マッチしてからトークまでの流れがTinderよりも圧倒的に多いため、Tinderに課金するなら、別のマッチングアプリを選ぶことをおすすめします。

マッチ率に悩んでいるなら有料プランもおすすめ

Tinder Platinumは「LIKEした相手に優先表示される」「Super LIKE時にメッセージを付けられる」の2点が「Tinder Plus」「Tinder Gold」主に異なる点です。マッチ率を最大まで上げていきたい人にはお勧めですが月額4300円(税込)と高額になるのであまりお勧めはできません。

しかし、なかなかマッチせず悩んでいる方は加入することをおすすめします

その他の機能として「ブースト」、「スーパーライク」「スーパーブースト」があります。

優先的に表示されるブート機能

「ブースト」は異性に自身のプロフィールが優先表示できるようにし、30分間自身のマッチング率を上げることができるアイテムです。

料金は、Android版での購入が安く、ブースト1回あたり353円(税込)から購入可能です。

「スーパーブースト」はTinderPlusとTinderGoldのユーザーだけ購入することができるアイテムです。「ブースト」との違いは、表示回数が最大で100倍になり、効果時間が一番短いもので3時間です。

料金は、3時間4,900円(税込)と月額の会員料金よりも高いためあまりお勧めはできません。

「スーパーライク」の料金は、Android版での購入が安く、「スーパーライク」1回あたり170円(税込)から購入可能です。

「スーパーライク」は、相手の画面で優先表示される「LIKE」を送ることができる機能です。送ると、青の表示でトーク欄の上に表示されるので普通のLIKEよりも相手に気付かれやすくなります。

ただし、相手がTinder goldになっていなければ、「LIKE」の確認できないので、あまり意味のないアイテムです。

Tinderは無料でも十分使える

Tinderは無料でもマッチ、トーク、出会うことができるので有料会員になるメリットは少ないです。

対して、他のマッチングアプリは、有料会員になって初めてメッセージのやり取りが出来る様になるほか、いろいろな趣味の人と繋がれたりコミュニティなどマッチに有利な機能が使用できるのでTinderよりも有料会員になる重要性が高く、料金が高く設定されています。

Tinderの支払い方法

Tinderの料金の支払い方法は、Android版とWeb版、iOS版の3種類でそれぞれ異なります。有料プランへの加入やアイテム購入をする際は、TinderアプリのWeb版で支払うのが最もお得です。

有料プランは自動更新となっており、有料期間を過ぎると自動で再加入となるので注意しましょう。

まずは無料で試してみてさらにマッチ数を上げたいと思ったら有料会員になることをおススメします。

Tinderはどんな人が使っているのか

利用者が一番多いのは男性会員で10代~20代が58%と最も多いです。マッチングアプリでは珍しい、男性が無料なので比較的男性利用者が多いのもよくわかります。

男女比も7:3と言われています。

女性の年齢層は「10代~20代」が59%と最も多いです。Tinderでは30歳以上は有料プランに30歳未満の2倍料金が掛かるため、年齢層が偏っていることが考えられます

マッチしても興味がない相手だったらメッセージを送り返す必要はないので自分の年齢と同じ層でマッチすることが多いです。男性の場合は別ですが、女性の場合はほとんど顔関係なしに「LIKE」が大量に来るので選び放題です。

男性、女性両方とも利用者の顔は高スペックなことが多いです。もちろん写真詐欺もありますが他のマッチングアプリに比べて高いですが、その分、相手に彼女、彼氏がいてトラブルに巻き込まれた、などといった話はよく聞くので注意が必要になります

Tinder利用者の年収は?

年収には期待しないほうがいいと思われます。Tinderの男性利用者は若者、学生が多く年収といえる金額を稼いでいないため期待はしない方がいいでしょう。

年収を目的にマッチングしたいのなら他のマッチングアプリで探すことをおススメします。Tinderは基本的にはラフな出会いを目的とした人が多いです。

Tinderは気軽に出会いを求める人に最適

女性の場合だと「軽いノリで遊びに行ける人」「真剣な交際を目的としてTinderを利用していない人」などがトークをしていて男性に好まれる女性です。

固く色々な話をして、デートしてなどは時間がかかりコスパが悪いと男性に思われることが多く、途中でマッチを外されることもあるので当日でも遊びに行けるくらいフットワークが軽い女性がTinderに向いていると思われます。

Tinderはどんな人に向いているの?

Tinderは男女ともに「軽いノリで遊びに行ける人」「真剣な交際を目的としてTinderを利用していない人」に向いています。

真剣に恋人を探すためにやるのは向いていません。

ある程度遊びの関係で割り切ってTinderを利用することがいいでしょう。

Facebook、電話、メール、Tinderの登録方法

登録方法はFacebookまたは電話のSMSによって本人確認を行った後メールで再度確認します。Tinder自体の登録は基本的に誰でも可能ですが、

メッセージのやり取りをする場合には、免許証、保険証などの本人の年齢が分かるものを提出しなければいけません。

電話番号での登録は身バレの危険度が低いのでおすすめです。FacebookでTinderに登録すると、Facebookの友達や知り合いがアプリ内で表示されますので身内にバレたくない人は注意が必要です。電話番号の場合でも連絡先の同期を許可してしまうとバレるリスクが上がるので注意してください。

電話番号で登録する際の注意点

身バレが怖い人は電話番号で登録しましょう。

Tinderの電話番号登録は、Facebookの友達や知り合いを、”知り合いかも”で表示させません。

Tinderのプロフィールは、電話番号登録ならアプリから直接変更できます。Facebookの場合は、Facebook側のプロフィールを変更する必要があります。

Tinderは電話番号で登録する場合、名前の変更ができませんので本名での登録は避けるようにしましょう。万が一本名で登録をしてしまった場合は一度アカウント削除をして再度登録するようにしましょう。

Facebookの登録では、Facebook側の名前を変更することで何度でも変えることができます。

Tinderは、電話番号が同じなら機種が変わっても同じアカウントで利用できますが電話番号が変更された場合は同じアカウントを利用することができません。

電話番号で登録を終えた後は名前、趣味、学校、プロフィール自己紹介、写真などの登録をします。

写真は、最低でも2枚はアップしないと登録できません。登録後に変更や追加できるのでひとまずは登録を済ませましょう。

登録後のおすすめ設定

プロフィールの入力が完了したらTinderから位置情報やお知らせ通知のアクセスの有無を問われるので、位置情報は許可してもいいと思います。

通知の場合は周囲の人間にバレる可能性があるため念のために消しておくことをおススメします。

位置情報は許可しないとスワイプできませんので許可しましょう。1度拒否してしまった場合は、スマホ側の設定から直すことができます。これで一連の登録は完了です。

メッセージやり取りの時に身分証提示が必要になります。この時カメラの許可をして下さいと出る場合があります。

この場合携帯の設定からカメラ許可しても治らないのでお使いのブラウザからカメラの許可をしてみて下さい。

Tinderは身バレするの?対策と合わせて紹介

Tinderが友達にばれるのを防ぐなら、Facebookではなく電話番号で登録することをおすすめします。先ほども記述したようにFacebookではFacebookに載っている情報がTinderとリンクして情報が漏れてしまいます。

その様なことを防ぐために電話番号登録をすることをおススメします。偽名やニックネーム、適当な一文字などを登録することができるので登録の状態では身バレは非常に低くなっています。

身バレの一番の要因は顔写真によるものだと思われますがこれはある程度しょうがないと思われます。

しかし、それでも顔を載せたくないという人はプロフィールに「身バレが怖いのでマッチ後に顔写真を送ります」など書いておけば情勢であればある程度のマッチは見込めます。

また、各SNSでTinderの顔写真をそのまま使っている人は絶対に変えましょう。Google画像検索で簡単に検索できる為です。可能性としては低いですが徹底しておく必要があります。

徹底的にバレないために対策するなら、Tinder用の写真を撮る、顔半分だけ載せる、プロフィールにマッチ後に顔を見せる、などと書いておくのがいいでしょう。

個人情報の掲載は避ける

プロフィールに個人情報を載せるのは危険です。最寄り駅や職業、本名、地元、など身元がバレてしまうような情報は絶対に書かないほうがいいです。

特に情勢の場合は気を付けるようにっしましょう。ほとんどの人が嘘の情報で繕っているので本当のことを書く必要はありません。

マッチ後仲良くなって何回か遊ぶような関係になったら教えてもいいですが、それ以前は秘密にしておきましょう。

一般的な職業や趣味ならそのまま書いても大丈夫です。詳しく書きすぎることは注意しましょう。

Tinderはプロフィールに距離が表示されます。詳しい現在地までは特定できませんが、「この人近くにいる」など憶測が建てられます。そのため、プロフィールに住所を書いていなくても、友達に発見されてバレる可能性があります。

有料プランなら身バレ対策も可能

対策方法としてTinder Plus、Tinder Goldなどの有料プランに課金し距離表示を消すことです。

課金することによって、距離を表示しないように設定する方法がありますが、無料では使うことができませんので徹底して行いたい人はTinder PlusやTinder Goldなどの有料プランに課金することをおススメします。

また設定から”Tinderで表示する”をオフにすることができますのでTinderをやっていない時は自分のカードを非表示にできます。身バレするリスクを最小限に抑えられますので活用してみて下さい。

こんな人には気を付けて!要注意人物の特徴

Tinderを使用する上で絶対に気を付けなくてはいけない人がいます。見分け方は簡単なので是非参考にしてください。

大きく気を付ける相手は業者と美人局とホストです。

Tinderには業者が存在します。見分け方は簡単でプロフィールにLINEのIDを記載している人です。これはほぼ業者といっても過言ではありません。

実際にメッセージなどでやり取りをしてみるといきなり「ホ込3万でどうですか?」など性的サービスに持ち込もうとされます。

連絡さえ取らなければ何ともないので無視しましょう。

美人局も結構わかりやすいです。プロフィールに「ガルバで働いているから来て!」などと記載しています。ぼったくりバーと裏でつながっていてお金を取られる場合があるので注意しましょう。

実際に合ってそのような人物だったら走って逃げましょう。 

ホストの場合は合ってすぐに自分が働いているお店に連れていこうとします。最初は「少しでいいから」と強要はしないのですが、場の雰囲気に流されしぶしぶお酒を空けてしまうこともあるようですので気を付けましょう。

すぐに会おうとする人は避けるのが無難

その他として最初のメッセージの時点でタメ口で飲みに誘う、メッセージで謎のURLを送ってくる、プロがとったような写真or露出が多い写真、ビジネスに誘ってくるなどには気を付けて下さい。

また、tinder内にはたくさんのはヤリモク男性が多いです。最初から飲みに誘ったり、家に行くことを前提として話してきたり、メッセージがなんか急いでいたりと分かりやすいので、女性はこの時点で返信を返さないほうがいいです。

Tinderとの兼用におすすめのマッチングアプリ

兼用おススメのアプリは二つあります。

世界で人気!【Tantan】

Tantanは世界4位の売上を獲得している、世界的に人気のあるマッチングアプリであり、一部課金制度はありますが基本的には男女ともに無料で使用することができます。

Tinderと同じく、相手の写真が大きく表示されるアプリであり直感的に「Like」や「Nope」をしやすく多くの異性と出会えます。

各SNSの広告などで見かけることが多くなってはいますが、日本でそこまで浸透していないので、tinderよりも知り合いに遭遇し辛いというメリットがあります。

定番マッチングアプリ【タップル】

日本でのマッチングアプリとしてかなりの知名度を誇るタップルはサイバーエージェントグループによって運営されている大手マッチングアプリです。

男性も女性も共に10代~20代前半の会員が半分を占めており年齢層がtinderと似ている特徴があります。フットワークが軽い人が多く、デートに繋がりやすいです。

タップルは、Tinderと同じく表示されるおすすめの異性を左右にフリックするだけで、簡単にマッチングでき操作も簡単です。

しかし、Tinderとは異なり男性が女性とメッセージをする場合には月額で3000円ほど掛かってしまいます。

年齢層、利用者の特徴は似ているのでTinderだけだとマッチングが難しいと考えている人にはお勧めです。

月額料金がかかる分、多くのマッチングイベントが開催されているので自分の趣味など共通の友達を作るのにも最適なアプリです。

Tinderは男女ともに無課金でできるので利用するハードルが低いですが他のマッチングアプリは基本的に有料ですのでTinderで慣れてしまうと他のマッチングアプリはちょっと高いと思ってしまうので恋人を作りたいと考えている人はTinderではなくほかのマッチングアプリを使用してみてもいいかもしれません。

Tinderの口コミと評判

Tinderの良い・悪い両方面の口コミを紹介します。

Tinderの悪い評判

悪い口コミから見ていくと女性に対し「エッチしよ」「一回2万でやらしてくれない?」などといった性的表現を使ってくる男性が多い他、単に「全然マッチできない」「サクラが多い」などといったレビューが見られます。

性的な表現を使われた女性は「実際に会う前にマッチ解除できるからいいけど気持ち悪い」といった声も、Tinderでは通報できる機能があるのでそのような人に出くわしたら即通報しましょう。

単に「全然マッチできない」というのは男性が無料で利用することが出来るので悪い口コミが付きやすいです。理由として12時間で120回も無料でライクを送ることができるからです。

女性側もすべての男性を確認できるわけでは無いのでマッチ率は他のマッチングアプリに比べたらかなり低くなっています。しかし、自身のプロフィールを充実させたり、映りが良い写真を使ったりと工夫できる点は数多くあるので自身の努力次第でマッチ数を向上させることは容易です。

また、Tinderでは、エラーやバグが多いという悪い口コミも多いです。具体的には「ログインできない」「誰も出てこない」「メッセージが送れない」「マッチが消えた」などの声や実際に私も「写真を登録しようとしても出来ない」という事が何回もありました。一時的に時間を置いたら解決できることがあるのですが、バグが多い事には変わりありません。

無料で使えるのがかなりいいですが、有料会員でも同じようなバグを受けているのであれば損している可能性もありますので見極めることが大切です。

Tinderのいい評判

Tinderの良い口コミとしては「近くの人と会える」「マッチしてから合うまでが速い」「イケメン・美女が多い」「1km圏内で出会いがあった」という声があります。

Tinder は3000万人を超える会員数の多さが特徴的で近くの人と出会える確率はトップクラスに高いです。しかし人口が多い都市に集中している為、東京や大阪などで、田舎や地方では「誰も出てこない」「マッチしない」という低評価のレビューもあります。

その他には海外でも人気なので「外国人とも出会える」という声も挙がっています。

男女ともにマッチしやすい人の特徴としてはプロフィールが充実していること、一枚目の写真が自分の顔写真、写真は一枚ではなく三枚ほどあるか、などです。

特に写真は超重要です。「LIKE」するかどうかは写真の見た目で90%決まります。一枚目の写真がアニメのキャラクター、景色、よくわからない写真などその人自身が分からないとマッチする場合も怖いので「LIKE」を送らないことがほとんどです。

また、一枚目の写真が自分だったとしても半分しか映っていない、暗くて分からない、加工で分からないなどもマッチしづらい対象になります。

ポイントは外の明るい場所で撮った笑顔の写真です。顔がしっかりと見えていることは相手にもかなりの安心を与える他、笑顔の場合は話しやすい印象を与えるのでマッチしやすいです。

さらにマッチを多くするためには二枚目、三枚目も写真を充実させる必要があります。二枚目、三枚目は趣味の写真やペットの写真などがおすすめです。

何が好きなのか、どのような人物なのかを相手に想像させやすくなるので写真は一枚だけではなく3枚ほど用意しましょう。

写真と同様にプロフィールを充実させることも重要です。

何も書いていないと話しかけづらいですし、「なんか怖いから」と根拠なくマッチを逃してしまうことがあります。

ポイントは長々と書くのではなく、箇条書きで大体の住んでいるところ、趣味、年齢、少しの挨拶だけで充分です。

長すぎると読む気にもなりませんし、Tinderはほかのマッチングアプリに比べてラフな出会いを求めているのでガチガチな自己紹介よりも簡単なほうが良いです。

写真、プロフィールをしっかりと対策するだけで簡単にマッチできるのでぜひ実践してみて下さい。

KyoKoi[キョウコイ]マッチングアプリを一括検索