マッチングアプリで40代男性の現実とは?リアルな実態と出会いの極意を伝授!

    「40代男性がマッチングアプリを利用するとどんな壁があるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

    この記事では、40代男性がマッチングアプリを使った場合の厳しい現実と、それを乗り越えるための極意を徹底解説します。

    好きなところから読む

    40代男性がマッチングアプリで苦戦する現実

    こちらでは、40代男性がマッチングアプリで苦戦する現実を解説します。

    これからマッチングアプリを始める40代の男性の方必見です。

    女性のニーズが激減する

    マッチングアプリでは、20代や30代とは異なり、40代男性は女性のニーズが激減する年代です。

    理由は2つあります。

    1つ目は、20〜30代が適齢期とされている女性にとって、結婚相手に40代を選ぶことが少なくなるからです。

    特に「子どもがほしい」と思っている女性にとって40代はかなり年上だと認識されてしまい、恋人や結婚相手としての選択肢から脱落することが多いのです。

    2つ目は、マッチングアプリを利用する女性にとって40代男性は「おじさん」だと認識されて選ばれにくいという理由です。

    マッチングアプリを利用する女性の90%が20〜30代。

    その多くが同年代との出会いを求めており、少なくとも5歳前後の歳の差の範囲内で相手を選んでいます。

    そのため、40代男性は「かなり年上」だと思われ、マッチングする確率が低いのです。

    若いつもりでも周囲からの評価は異なる

    「自分は若い」と思って出会いを求めていませんか?

    「40代は若い」と自分で思っていても、周囲からの評価は全く異なるケースが大いにあります。

    マッチングアプリを利用する女性の多くが20〜30代のため、40代は正直に言って結構年上です。

    しかし、そんな女性の気持ちを知らずにいいね!を押すと「気持ち悪い」と思ってしまう人も中には存在します。

    「40代はまだまだ若い」と思っていても、マッチングアプリのユーザーは20〜30代と若めなので、周囲との認識の差には注意を払うようにしましょう。

    「勘違いしているイタイ人」だと思われてしまうかもしれませんよ。

    若い女性を狙いすぎる

    40代男性の中には、20代前半などの若い女性を狙っている人も少なくありません。

    しかし、女性は同年代の男性相手に恋活・婚活をする傾向にあるので、なかなかマッチングしないことがあります。

    また、マッチングアプリの男性ユーザーも20〜30代が大半を占めるため、圧倒的にライバルが多くてマッチング率が下がることもしばしば。

    さらに若い女性にとって、40代男性からのアプローチは「遊び?」と思われて避けられるケースもあります。

    アプリ経験がない

    アプリ経験がなく、使い方を分かっていないと女性とマッチングするのが難しいこともあります。

    アプリの操作や出会い方が全く分かっていない状態でマッチングアプリを利用しても、効率的に女性と出会えるわけがありません。

    アプリによってはメッセージのやり取りや通話機能、心理テストやコミュニティ機能などが搭載されていますが、それらにどうやって対応するのか事前に学んでおく必要があります。

    せっかくマッチングしてもアプリをうまく使いこなせずに、良い出会いを逃してしまう可能性もあります。

    プロフィールがひどい

    プロフィールの中身がひどいために、全く相手にしてもらえずに絶望することもあります。

    たとえば以下のようなプロフィールは「ひどい」状態だと言えます。

    • プロフィール写真がない。
    • 「キメ顔」「自撮り」などナルシストをイメージさせる写真を掲載している。
    • 自己紹介文が短い。または、冗長で読む気が失せる。

    これらはあくまでも一例ですが、1枚の写真だけで相手にされないこともあります。

    ただでさえ年齢では負けがちな40代、プロフィールで清潔感や親近感を女性にもたらすようなものを掲載する必要があります。

    「一緒にデートしても変だと思われなさそう」と思ってもらえるようなさわやかな雰囲気や、「話したら楽しそう」という柔らかい自己紹介文を書くのがコツです。

    アプリ選びを間違っている

    それぞれのアプリは、目的や年齢層によってコンセプトが分かれています。

    「若い女性に会いたいから」と言って20代女性ユーザーが多いアプリを利用するなどアプリ選びを間違ってしまうと、全く出会いがない悲劇を経験するケースも。

    マッチングアプリはそれぞれ、目的(恋活なのか婚活なのかなど)、使っている年齢層、背景などが全く異なります。

    マッチング率を上げたいのであれば、年齢層を広げたり、集まっているユーザーの背景などに注目しながら、使うべきマッチングアプリを吟味する必要があります。

    プライドが邪魔をする

    40代男性は、マッチングアプリのユーザーの大半の年齢層よりが人生経験が長め。

    しかし、もし「相手にされない」「デートできない」などというケースが続くとプライドが傷ついてしまうこともあります。

    年齢だけで既にライバルが圧倒的に多くて負けがちの40代男性ですが、マッチングアプリで苦戦するたびにズタズタに自尊心が傷つき、出会いに対して消極的になることも少なくありません。

    または若い人にバカにされた気分になり、悔しさのあまり女性に当たってしまい避けられることも。

    40代という年齢で傷つくのを恐れるよりも、柔軟な気持ちでアプリを利用していくのが重要です。

    40代男性におすすめのマッチングアプリ3選

    40代男性が女性と出会いやすいマッチングアプリを紹介します。

    大人世代の恋活・婚活をサポートする優秀なマッチングアプリばかりです。

    実際に利用している人の口コミも合わせて紹介しているので、参考にしてみてください。

    Omiai(オミアイ)

    Omiaiは日本で使われているマッチングアプリの中で3番目に会員数の多いアプリ。

    約500万人が登録しています。

    Omiaiは、ユーザーの年齢層が少々高めなのがポイントです。

    40代は1割程度ですが、30代はその倍の人数が登録しているため、40代男性は30代女性に選ばれやすいと考えられます。

    女性は5歳前後の範囲内で恋人を探すので、30代後半の女性にとって40代男性もストライクゾーンに入ります。

    またアプリ名通り、婚活を目的とした出会いに対して真剣なユーザーを集めているのがOmiaiの特徴です。

    婚活を意識しつつも恋活から始めたいと思っている人が多いので、40代男性で「恋愛したい」と思っている人におすすめのマッチングアプリです。

    marrish(マリッシュ)

    マリッシュは離婚歴ありの人や、シングルマザーやシングルファーザーの再婚活を主にサポートしているマッチングアプリです。

    もちろん、初婚の人も利用できます。

    そのためか、ユーザーの年齢層は30〜50代と比較的高めなのがポイント。

    20代男性のユーザーは圧倒的に少ないため、確実にほかのマッチングアプリよりライバルが少ないのがおすすめできる点です。

    マリッシュに登録する女性にとって、40代男性は完全に狙うべき相手。

    人生経験が豊富でそれなりの年収や地位もあり、包容力やリードする力のある40代男性が好かれやすくなります。

    若い人の多いマッチングアプリは、バツイチという背景だけで敬遠されてしまうケースもあります。

    しかしマリッシュにはシングルマザーも多く登録しているので、同じように子持ちの40代男性でもである可能性はとても高いです。

    実際に「結婚できた」という口コミも数多く見られています。

    match

    Matchは30〜40代の婚活を応援するマッチングアプリです。

    男性は40代が最も登録者数が多いので、女性に十分に相手にされ優勢を保つことができます。

    女性も男性と同額支払う有料制なので、結婚に対して真剣な男女が集まるアプリであるのもおすすめポイントです。

    Matchの魅力は、希望条件の絞り込み要素が細かいところ。

    「両想いマッチ・想われマッチ」という独自の機能が搭載されています。

    「両想いマッチ」は自分と相手の希望条件が一致している相手だけを表示する機能で、効率的に理想の人に出会いやすくなるサービスです。

    一方の「想われマッチ」は、自分の条件を希望する女性を検索できるサービスのこと。

    「マッチングアプリ自体に慣れていない」「効率的な出会い方が分からない」と思う40代男性にとって、Matchのこうした機能は恋活・婚活へのモチベーションアップにつながります。

    ペアーズ

    ペアーズは会員数ナンバーワンを誇るマッチングアプリです。

    恋活・婚活・カジュアルな出会いなど、いろいろな目的でアプリを利用している人が集まっています。

    若い世代の登録者数も多いペアーズを40代男性におすすめするのには2つの理由があります。

    1つ目はユーザーの年齢層が幅広いことです。

    20〜60代のユーザーがいるので、年下の女性とデートできるのも夢ではありません。

    中には「年上の男性と会ってみたい」「お父さん世代の人とデートしたみたい」と思っている女性も少なくないので、そうした女性にいいね!を送るのも出会えるコツです。

    2つ目はコミュニティ機能が充実していることです。

    ペアーズには、同じ趣味関心でつながれるコミュニティがたくさんあります。

    中には「年上男性と出会いたい」「年上彼氏」「40代男性もありな年下女性」というコミュニティも実在するので、そうしたコミュニティで女性と出会える可能性もあります。

    ペアーズのコミュニティで「実際に理想の人と会えた」という口コミもたくさん書かれていました。

    40代男性だからといって、諦めるのは早いかもしれません。

    実際にペアーズのコミュニティで確認するのをおすすめします。

    出会いに対する意欲が湧いてくることでしょう。

    40代男性が厳しい現実を乗り越える出会いのコツ

    40代男性が厳しい現実を乗り越え、良い出会いをゲットするためにはあるコツが必要です。

    ここでは、そのコツを徹底解説します。

    このコツさえ身に付ければ、逆に40代という年齢を武器にすることだってできますよ!

    婚活向けや年齢層の高いアプリを選ぶ

    20代女性にとって40代男性は、いわば「おじさん」で圏外です。

    しかし30代後半〜40代女性にとって40代男性は恋活・婚活の対象になりやすいです。

    そのため年齢層の高い女性が集まっているアプリを選ぶとマッチング率もかなり上がります。

    また、年齢が上がれば上がるほど結婚を意識する女性は多いです。

    したがって婚活向けのアプリを選ぶと40代男性も選ばれやすくなります。

    40代男性は仕事も落ち着き、年収が安定している人が多いのも事実。

    さらに人生経験が豊富というところに魅力を感じる女性も多いはず。

    そのような女性と出会うために、婚活向けでや年齢層の高いアプリを選ぶのがおすすめです。

    プロフィールは年相応に落ち着いた雰囲気にする

    40代なのに「若い人に出会いたい」と思うあまり、過度なアピールが目立つプロフィールだと残念ながら「気持ち悪い」と思われることもあります。

    そう思われないために、40代に相応した落ち着いた雰囲気が漂うプロフィールを作成しましょう。

    たとえば以下のようなプロフィールは落ち着いた雰囲気が出ており、女性を魅了します。

    • スーツや落ち着いた配色の服装を着た写真
    • 穏やかな笑顔の写真
    • 上から目線ではなく腰の低い自己紹介文

    40代なのにあたかも20代のような自撮りや筋肉アピールの写真だと、勘違いしていると思われ相手にされない可能性が高いです。

    NGな写真を使わない

    40代男性はNGな写真をプロフィールに掲載しないことです。

    NGな写真とは次のような写真です。

    • キメ顔をした自撮り
    • 筋肉を強調した露出度の高い写真
    • 無表情の写真
    • 片付いていない部屋を背景にした汚い写真

    これらの写真は若い男性でも引かれてしまいますが、年齢が上がれば上がるほどますます嫌がられてしまいます。

    「若い人と張り合っているの?」と勘違いしていると思われ、イタイ人になりかねません。

    落ち着いた穏やかな写真を掲載して、年相応の穏やかさと清潔さを漂わせましょう。

    選ぶ立場ではないことを理解する

    マッチングアプリによって、40代男性は「いいな」と思った女性を選んでも相手にされないことが多いです。

    自分は「選ぶ立場」ではないのをよく肝に銘じておきましょう。

    20〜30代が大半を占めるマッチングアプリでは、どれだけいいね!を押しても相手にされずマッチングすることは少ないです。

    年齢層の高いマッチングアプリを選んだり、写真を工夫するなど、40代でもマッチングしやすいものを使って選べる可能性を広げましょう。

    女性の条件を広げる

    女性の条件を広げるとマッチングする確率も高くなります。

    ある特定の年代や外見だけで相手を選んでいては、いつまでも、良い出会いは訪れません。

    年齢幅を広げたり、性格や価値観の相性が合う人を選ぶなど、希望条件を広げると思わぬような出会いが訪れる場合もあります。

    「譲れない条件」を精査し、本当に必要な条件なのかどうか再確認してみましょう。

    希望している条件の中には意外にも「女性に引かれる要素」のものも含まれているかもしれません。

    特定の人に執着しない

    特定の人に執着すると、なかなか良い出会いは訪れません。

    40代という年齢層はマッチング率が低い事実はどうしても否めません。

    それにも関わらず特定の人に執着すると、その人に相手されない場合、全く出会えない可能性もあります。

    マッチングしてデートまで進んだとしても、年齢を理由に断られてしまうケースも無きにしも非ず。

    40代男性がマッチングアプリで出会いを求めるならば、希望条件を広く持ち、もし断られてもさらりと流せるくらいの余裕を持つべきです。

    相手のペースに合わせる

    40代男性が相手にされない理由に、上から目線で威圧的というものがあります。

    人生経験が多いからといって相手に説教じみたことを言うケースが多いのです。

    年齢にかかわらずそうした態度を取る男性は、確実に嫌われます。

    「年上だから」という理由でリードしようとするのも大切ですが、ペースを合わせてくれる男性は女性に好かれやすいです。

    女性は、恋愛のペースが一緒の男性に親近感を抱きます。

    メッセージのやり取りのペース、デートの好み、頻度など、相手に合わせるようにしましょう。

    丁寧に接する

    「年上だから」という意味のない理由で、年下女性をぞんざいに扱っても良いと思っている男性が多すぎます。

    年下女性に対しても腰が低く、しばらくは敬語で話すくらいの丁寧さがあると、40代男性でも年下女性に好かれやすくなります。

    20代や30代の女性が、40代の男性を選ばない理由のひとつに「対等な態度で扱ってもらえないから」というものがあります。

    特に無意識に年下女性を無下に扱っていると、女性は結構勘づいてしまうものです。

    40代以上の男性は心の底から相手の女性を尊敬し、丁寧に接することが求められます。

    清潔感に気を使う

    年を重ねれば重ねるほど、老いによる不潔感が出てしまうことがあります。

    体臭や下っ腹、年齢を感じられる服装など、一緒に居たら女性が恥ずかしくなってしまうような容姿にならないように注意しましょう。

    少なくとも「おじさん感」が感じられてしまう不潔さを無くすように努めるのが大切です。

    40代には40代ならではの大人の色気や落ち着きがあります。

    それを最大限に引き出せるように、美容院やジムに通うなどの努力を怠らないようにしましょう。

    慎重にアプリを選んで素敵な出会いを見つけよう!

    40代男性はマッチングアプリでの出会いがなかなか期待できない年代と言っても過言ではありません。

    しかし、年齢層の高いアプリや婚活向けアプリを選ぶことによってマッチング率も高くなるのは事実です。

    自分は若いと意識過剰にならず、相手にも腰を低く丁寧に接すればちゃんと恋愛に発展します。

    アプリを慎重に選び、年齢相応の出会いを求めるようにしましょう!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    好きなところから読む