マッチングアプリの50代男性の現実は?厳しい婚活を乗り越えるコツを徹底解説!

    「今まで仕事中心の生活を送ってきたけれど、この先一緒に過ごすパートナーが欲しい。」

    「老後は1人で生きていくのが不安なので、お相手を見つけたい。」

    そんな思いから、50代で婚活を考える人も多いでしょう。

    2022年には、結婚した5人に1人以上が(22.6%)がマッチングアプリで出会ったことが明治安田生命のアンケート調査でわかりました。

    でも、50代の男性がマッチングアプリで本当に出会えるのか不安ですよね。

    安心してください、若い世代がいるマッチングアプリを避ける、つまり40〜50代のいるマッチングアプリを選べば出会うことができます。

    この記事では、50代男性に向けたマッチングアプリでの婚活を解説していきます。

    なお、男性と女性では異なりますので、マッチングアプリの50代女性の現実はこちらを参考にしてください。

    好きなところから読む

    統計から見える50代男性の厳しい婚活事情

    まずは統計から、婚活の現状を把握していきましょう。

    50代の婚活は、2つのパターンに分けられます。

    初婚と再婚です。

    公的機関のデータを参考に、初婚と再婚の婚活について詳しく解説していきます。

    50代以上の生涯未婚率は上昇中

    厚生労働省の公式データによると、生涯未婚率は男女ともに年々上昇しています。

    そもそも生涯未婚率とは、50歳時点で一度も結婚したことがない人のことを指します。

    男性の未婚率は2010年時点では12.6%でしたが、2020年には26.6%まで急増しました。

    このデータから、未婚率は10年間で2倍以上に増えていることがわかります。

    増加の傾向は、さらに高まると言われています。

    このことから、結婚という今まで当たり前だった価値観が揺らぎつつあると言えるでしょう。

    (出典:平成27年版厚生労働白書 – 人口減少社会を考える –

    男性の平均再婚年齢は46.5歳

    さらに、気になるデータがあります。

    厚生労働省の「婚姻に関する統計」によると、男性の平均再婚年齢は46.5歳です。

    50代で再婚を望む人にとっては、辛い現実なのではないでしょうか。

    そもそもこの統計は、夫婦ともに再婚である場合の年齢です。

    未婚の女性と再婚の男性の組み合わせだと、平均年齢は39.6歳となり、さらに低年齢化します。

    このように、50代での再婚は厳しい現状があると分かるでしょう。

    (出典:平成28年度「婚姻に関する統計」

    マッチングアプリで50代男性が苦戦する行動

    50代での婚活は、厳しい現実があると分かりました。

    次は、アプリ婚活の現状を解説していきます。

    どうやら、50代男性が苦戦してしまう行動があります。

    詳しく見ていきましょう。

    若い女性を狙いすぎる

    苦戦してしまう原因の1つ目は、若い女性を狙いすぎることです。

    婚活している男性は「結婚するからには、子供が欲しい。」と考える傾向にあります。

    そうなると、必然的に20代〜30代の女性にアプローチしてしまいます。

    しかし20代〜30代の女性にとっては、親子ほどの離れた男性と結婚することは現実的ではありません。

    このように需要と供給がマッチしていないため、なかなかうまくいかない人が多いようです。

    自慢話が多い

    自慢話が多いことも、苦戦する行動の1つでしょう。

    自分を売り出すために自己アピールをしているつもりが、いつの間にか自慢話になってしまう人が多いです。

    自慢話が多いと、いくら魅力的な男性でも自己中心的だと思われてしまいます。

    よくある例は、仕事の話。

    「こんなすごい一流企業に勤めている」、「こんなに大きなプロジェクトに関わっている」などです。

    特に、今まで仕事に打ち込んできた人ほどやりがちなので、気をつけましょう。

    常に上から目線になっている

    上から目線での会話も、やりがちな行為です。

    「自分は頼れる人だ」ということをアピールしようとして、無意識に上から目線になることが多いです。

    特に婚活が上手くいっていない人ほど、この傾向が強いでしょう。

    なぜなら自分に自信がないため、頑張って強く見せようとするからです。

    また、プライドが高い人も上から目線になりがちです。

    常に自分が優位な状態でいたいという思いが強く、無駄にアドバイスしてしまうことがありますよ。

    老後の不安を全面に出している

    老後の不安を全面に出してしまうことは、50代の婚活における特徴的な敗因です。

    不安になる原因は、経済面と健康面からでしょう。

    老後は年金生活になるため、今までと金銭事情も変わってきます。

    お金の使い方を相談できるパートナーが欲しいと考え、婚活に至るケースもあるようです。

    また将来の健康面が不安な人は、いざという時に支えてくれるパートナーが欲しいと考える傾向にあります。

    そのような思いが婚活で見透かされてしまい、苦戦する男性も多いです。

    どんな未来を手に入れたいのかイメージできていない

    婚活を始めたものの、将来に対する具体的なイメージがないことも苦戦する原因です。

    これは、外部的要因で婚活を始めた人に多いパターンです。

    親から結婚を急かされた、なんていう人は要注意です。

    また、結婚することがゴールになっている人も気をつけたいところです。

    「結婚さえすれば幸せになれる。」と考える人も少なくありません。

    将来どのような生活を望んでいて、そのためにどのような相手を求めるのかまで、具体的にイメージしてみましょう。

    50代男性がマッチングアプリで成功を勝ち取るコツ

    50代での婚活は厳しい状況であることがわかりました。

    その一方で、実際に成婚した人もいます。

    ここからはマッチングアプリでの婚活を、成功させるためのコツを紹介します。

    細かなこだわりを捨て臨機応変に行動する

    細かなこだわりを捨て、状況に合わせて行動することが大切です。

    ただでさえ厳しい50代の婚活。

    年齢や職業など、相手に求める条件も多いと思いますが、まずは自分の理想を取り払うことが大事です。

    様々なタイプの女性にメッセージを送り、返信が来た人と積極的にコミュニケーションを取りましょう。

    そして、たくさんの女性と実際に会ってみましょう。

    結婚相談所とアプリを併用する場合は、スタッフのアドバイスを素直に聞き、改善していきましょう。

    清潔感や身だしなみに気を配る

    清潔感や身だしなみに気を配ることは、婚活において必須の条件です。

    かの有名なメラビアンの法則によると、人の印象は55%視覚情報で決まります。

    いくら内面が良くても、外見がボロボロでは興味を持たれません。

    清潔感を出すためのポイントは、伸びているものはしっかりと短く切ること。

    ひげや鼻毛・爪などが該当します。

    意外と盲点なのが、眉毛です。

    眉毛の形ひとつで、印象がガラリと変わりますよ。

    また、洋服もシワやシミがないかや、体型に合った衣服を着用できているかチェックしましょう。

    (出典:メラビアンの法則とは?簡単に意味・実験内容・具体例を紹介

    健康的で明るい雰囲気を出す

    明るく、健康的な雰囲気を出すようにしましょう。

    同じ見た目やスペックでも、雰囲気によって印象は全く異なります。

    暗くうつむいている人と、明るく表現豊かな人では、どちらを選ぶかは明白ですね。

    婚活は、将来のパートナーを探すための行為。

    結婚生活が、楽しく明るいものになりそうな雰囲気作りを心がけましょう。

    気をつけるべきポイントは、話し方。

    声の大きさや高さ・話すスピードなど、相手が心地良く感じる話し方を心がけましょう。

    精神的・経済的に余裕を持つ

    精神的・経済的に余裕を持って婚活しているかは、相手に伝わるものです。

    余裕があるからこそ、相手は安心感を持ち一緒にいたいと考えるのでしょう。

    精神的余裕がないケースは、婚活が上手くいっていない人に多いです。

    そもそも相手は、あなたのこれまでの婚活歴について一切知りません。

    自信を持って、コミュニケーションを取りましょう。

    もちろん、経済的余裕も不可欠です。

    「お金がないから結婚したい。」という焦りは伝わってしまいます。

    婚活を進めるためにも、より一層仕事に力を入れたいですね。

    50代男性のマッチングアプリ攻略法

    50代男性が、アプリをうまく攻略するためのポイントを紹介します。

    マッチングアプリ市場は年々拡大し、アプリによって特色も様々です。

    特徴を理解し戦略練ることで、効率的に運命の人を見つけましょう。

    年齢層が近いマッチングアプリを選ぶ

    年齢層が近い人が多いアプリを選びましょう。

    年齢が近い人ほど、マッチしやすい現状があるからです。

    マッチングアプリと言っても、かなり種類が豊富。

    若者向けのものから、中高年や再婚者をターゲットにしたものまで様々です。

    そもそも、マッチングアプリの主要ユーザーは20代〜30代が多数。

    適当にアプリを選ぶと、若い人ばかりでなかなかマッチしないということもあります。しっかりリサーチをして、近い年齢層の女性と出会えるアプリを選びましょう。

    なお、年齢層別マッチングアプリ比較はこちらで紹介しているので参考にしてください。

    出会いたい異性のタイプをハッキリさせる

    出会いたい異性のタイプをはっきりさせることで、早く確実に婚活が進むでしょう。

    マッチングアプリの会員数は、年々増え続けています。

    大手のアプリだと、1000万人を超えるところもありますよ。

    そんな中で、片っ端から相手を選んでいくのは骨の折れる作業です。

    50代の婚活は厳しい状況であるものの、戦略を定めることは重要です。

    出会いたい異性のタイプをある程度イメージして、賢くアプリを活用していきましょう。

    写真・プロフィールで人柄をイメージできるようにする

    写真やプロフィール文を充実させて、あなたの人柄をイメージできるようにしましょう。

    写真とプロフィールは、あなたに興味を持つ入口となるからです。

    特に、写真は重要です。

    なぜなら、写真を見て一瞬で、「あり」か「なし」かを判断するからです。

    どんな顔なのかしっかりわかるもので、笑顔の写真を選びましょう。

    プロフィール文は、200字から300字ほど書くようにしましょう。

    長すぎても短すぎても、印象が良くないです。

    プロフィールには、仕事や趣味・異性のタイプなどを明記するとよいですね。

    理解・共感し受け入れてくれる存在を目指す

    女性にとって理解・共感し、受け入れてくれる存在を目指しましょう。

    50代の魅力は、豊富な人生経験による人間力。

    若い人と比較すれば、包容力もずば抜けているでしょう。

    その力を婚活でも存分に活かしましょう。

    女性は、話を聞いてほしい生き物です。

    悩みや不安な気持ちを理解し、共感する姿勢を貫きましょう。

    相談されても論理的に解決方法を提示することは、絶対にしてはいけない行為です。

    共感することで、あなたの味方ですという姿勢を示しましょう。

    50代男性の現実を乗り越えるおすすめ人気アプリ

    これまで、アプリ婚活のコツや戦略方法を解説しました。

    ここからは、50代男性におすすめの人気アプリを紹介していきます。

    アプリによっては年齢層の近い会員も多く、出会いやすいこともありますよ。

    ペアーズ

    ペアーズは、国内最大のマッチングアプリです。

    2022年時点の登録者数は、累計2000万人を超えています。

    まさに、日本のマッチングアプリの王道と言えるでしょう。

    会員数が多いので、50代の登録者数も多いです。

    50代のユーザー数はなんと、69万人もいると言われています。

    また、地方登録者や海外在住の登録者が多いのも魅力。

    現実的に考えて、婚活が進みやすそうですね。

    ペアーズの機能面での特徴は、コミュニティ機能が充実していること。

    コミュニティとは、趣味や価値観が合う人同士で集まるグループのようなものです。

    このコミュニティ経由で、相手を探すことができますよ。

    コミュニティを通した出会いだと共通の話題があるので、リラックスしてコミュニケーションできそうですね。

    圧倒的会員数で利用率No.1

    月13,000人以上に恋人ができています

    ペアーズの評判はこちら>>

    Tinder

    Tinderは、マッチングアプリの先駆けとも言われるアプリです。

    アメリカ発祥で、日本では1000万人以上が使用しています。

    Tinderの特徴は3つ。

    1つ目は、男性でも無料でメッセージのやり取りができることです。

    他のアプリだと、男性は料金を払わないとメッセージができないことが多いです。

    その分Tinderは、気軽に始めやすいですね。

    2つ目の特徴は、美女や明るい印象の女性が多いこと。

    これは、男性にとっては嬉しいですね。

    3つ目は、外国人と出会いやすいこと。

    アメリカ発祥のアプリなので、海外での認知度も高く外国人ユーザーも多いです。

    観光に来ている外国人が、Tinderを使用しているケースもあるようです。

    国際結婚を目指している人には、おすすめのアプリです。

    \ 国内ダウンロード数No.1 /

    累計マッチング数650億超え

    Tinderの評判はこちら>>

    Omiai

    Omiaiは、会員数700万人以上のマッチングアプリです。

    累計マッチング数は、なんと9000万組以上。

    Omiaiユーザーは、婚活を意識している人が多いことで知られています。

    ある調査では、約7割が婚活目的で活用しているとか。

    真剣に出会いを探す人には、おすすめのアプリです。

    Omiaiの特徴は、アプリ初心者でも安心安全に利用できる仕組みがあること。

    24時間体制でアプリを監視しており、詐欺や勧誘目的の業者が入りにくい仕組みになっています。

    また、イエローカード警告という機能も。

    利用規約に違反した人に、イエローカードが与えられるというシステムです。

    カードを持っているか否かは、プロフィールにしっかりと記載されます。

    危険人物が一目でわかるので、安心して利用できますね。

    結婚率が高い真剣なアプリ

    Omiaiの評判はこちら>>

    ユーブライド

    ユーブライドは、累計会員数240万人のアプリです。

    20年以上の運営実績がある、歴史ある婚活アプリです。

    ユーブライドは、マッチングアプリの中でも成婚率が高いことで知られています。

    2021年のデータでは、会員の70%が6ヶ月以内に成婚していますよ。

    このことから、恋人を作るより結婚を目的としている人が多いアプリと言えるでしょう。

    公式サイトには「退会するときは既婚者」という、インパクトの強いメッセージが掲載されていますよ。

    それだけでなく、機能面も充実しています。

    結婚歴や子供の有無など、出会いたい相手の条件を細かく検索することができますよ。

    真剣に成婚を目指す男性には、おすすめのアプリです。

    \成婚実績No.1マッチングアプリ/

    マリッシュ

    マリッシュは、累計会員数200万人以上のアプリです。

    50代のユーザーが30%を超えており、他のアプリよりは同世代と出会いやすいでしょう。

    マリッシュを特におすすめしたいのは、再婚での婚活を望んでいる男性です。

    会員も、なんと約7割が再婚者というデータがあります。

    このことから、子持ちや離婚歴がある人が使いやすいアプリは、ダントツでマリッシュと言えるでしょう。

    アプリ内でも、再婚者を応援するキャンペーンを行なっていますよ。

    例えば、バツイチの人を優先して表示する制度や、ポイントの優遇制度などです。

    他のアプリでは、バツイチの婚活は肩身が狭い、という意見もあります。

    しかしマリッシュなら、堂々と婚活ができますね。

    30代〜40代に圧倒的人気

    R-18

    マリッシュの評判はこちら>>

    マッチングアプリは婚活パーティーと比べて出会える?

    マッチングアプリは、婚活パーティーより効率的に出会えるでしょう。

    理由としては、アプリの方が出会う異性の数が圧倒的に多いからです。

    婚活パーティーは最大40人であるのに対し、マッチングアプリは数百万人・数千万人もの会員が登録しています。

    会員数が多いほど、自分に合ったパートナーに出会えるでしょう。

    2つ目の理由は、アプリの方が隙間時間を活用して婚活できるからです。

    婚活パーティーの場合は、毎回いちいち足を運ばないといけません。

    しかし、アプリなら休憩時間や通勤時など、自分が空いている時にコツコツ相手を探すことができます。

    このように、マッチングアプリの方がたくさんの異性と効率的に出会うことができますよ。

    戦略を立てて素敵なパートナーと巡り会おう

    50代の婚活は、厳しい現状があります。

    まずは現実を受け止め、行動に移していきましょう。

    アプリ婚活の特徴を理解し、年齢層が近い人と出会えるアプリを活用するとよいですね。そして、何より大切なのは積極性。

    たくさんの異性とメッセージを送り、デートを重ねましょう。

    アプリを通して、戦略的に素敵なパートナーを見つけていきましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    好きなところから読む