マッチングアプリは所詮顔なの?ブサメンでも出会いを勝ち取る方程式を公開!

    マッチングアプリは所詮顔なの?ブサメンでも出会いを勝ち取る方程式を公開!

    「マッチングアプリにいる女性なんて、所詮顔重視でしょ」

    「マッチングアプリはイケメンの一人勝ち」

    そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    イケメンが有利であることは間違いない事実です。

    でも、かといってブサメンだと出会いがないのかというと、決してそうではありません。

    本記事では、ブサメンでも出会いを勝ち取る方程式を公開します。

    好きなところから読む

    マッチングアプリは顔が良くないとマッチしない?

    「マッチングアプリは顔が良くないとマッチしないでしょ?」

    「マッチングアプリは所詮顔でしょ」

    マッチングアプリは、判断する際の情報が顔写真やプロフィールのみです。

    会ったことのない相手を少ない情報で「アリ」か「ナシ」かを判断しなければならず、顔が良くないとマッチングしないように感じます。

    実際、顔とマッチング率は関係があるのでしょうか?

    顔が無理ならプロフィールを見ない女性はいる

    「人は見た目が9割」と言われるように、視覚から得た情報で相手の印象が決まります。

    そのため、プロフィール写真をみてどう感じるかが最も重要。

    パッと写真をみたときに、「この人は無理!」と拒否反応があればその先のプロフィールさえ見ない女性も多いです。

    特に若い女性は直感で判別しがちなので、顔が無理ならそこで終わってしまうシビアな一面があります。

    でも反対に、写真で「この人、いいかも」と思われれば、マッチング率が高くなることを意味しています。

    生理的に受け付けない顔や見た目がある人は男女問わず少なからずいて、その場合には工夫や意識ではどうしようもありません。

    でも、少しでも良く見せようと工夫することで与える印象を改善できるのであれば、こだわるべきだと言えるでしょう。

    実際、写真映りにこだわらない男性は多く、それだけで損をしていることになります。

    「どう見えるか」については、知っておくことをおすすめします。

    ブサメンは攻略法を知る必要がある

    正直な話、顔が良いだけで得をします。

    好みの問題はあっても、イケメンとブサメンの顔だけを並べたら、容姿が良い方に惹かれるのは女性だけでなく男性であっても同じではないでしょうか。

    特にマッチングアプリでは、写真で相手を判断しなければならず、イケメンであるだけで女性の注目を得ることができるのは間違いありません。

    プロフィール写真の時点でクリアしなければ、マッチングは夢のまた夢…。

    でも、マッチングアプリのユーザー全てがイケメンであるわけがなく、ブサメンでもマッチングに成功しています。

    ブサメンに必要なもの、それはブサメンならではの攻略法です。

    顔に自信がないブサメンは、攻略法をマスターしたうえで出会いの場に挑みましょう。

    マッチングアプリには中身を重視する女性もいる

    マッチングアプリには中身を重視する女性もいます。

    「イケメンは得をする」と前述しましたが、全ての女性が外見だけで判断するわけではありません。

    続いては、ブサメンが女性から選ばれるために意識すべきポイントについて解説します。

    清潔感を最優先する

    女性が容姿の中で最も重視するのは、実は顔ではなく清潔感です。

    いくら端正な顔立ちであっても清潔感がないのでは、マッチング自体はできたとしても何度もデートする相手や彼女になるのは困難です。

    持って生まれた容姿とは異なり、清潔感は意識次第で誰でも得ることができるもの。

    にもかかわらず努力や意識しようとしない姿勢は、女性から引かれてしまうので注意しましょう。

    • 髪・ヒゲがボサボサ
    • シャツがヨレヨレ・毛玉が出来ている
    • 服が汚れている
    • 臭いがする
    • 歯が汚い
    • 爪が伸びている

    など、パッと見て不潔だと思われてしまったのでは先はありません。

    清潔感を意識すれば、たとえブサメンでも好印象ですし、出会いに対する本気の姿勢を感じられます。

    顔以外の要素を磨く

    顔は一番最初に目に入る情報ではあるものの、よっぽどのイケメン好きか顔にこだわりがある人でない限り顔だけで判断することはありません。

    先に挙げた清潔感をはじめ、顔以外の要素を磨くことも女性を惹きつける行動です。

    まるで美女と野獣のような美人とブサメンカップルを見たことはありませんか?

    「どうしてあんなブサメンに、美人が?」と思うかもしれませんが、顔以外の魅力があることになります。

    では女性はどんな男性を選ぶのか、ですが、大きく2つあります。

    1. 社交的で一緒にいると楽しい
    2. メンタルが強く、いつもポジティブ

    つまり、顔のブサイクさを凌駕するほど内面が魅力的になることが重要。

    顔に自信がなくてネガティブな男性に惹かれる女性はおらず、むしろ内面にガッカリされてしまうので内面を磨きましょう!

    中身で勝負できるマッチングアプリ

    with(ウィズ)

    マッチングアプリにも多種多様なものがあり、中身で勝負できるマッチングアプリもあります。

    その一つが、withです。

    中身重視のユーザーが多いwithなら、容姿で悩んでいるあなたももっと自分をアピールして自分らしくお相手探しができるはずです。

    なお、withの評判はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。

    イケメン目的の女性が少ない

    アプリの中には、「絶対イケメンがいい!」「イケメン以外はお断り」とイケメンであることにこだわりがあり、男性を顔だけで判断する女性ユーザーが多いものもあります。

    顔だけで判断されてしまったのでは、ブサメンはおろかフツメンですら勝ち目がありません。

    その点、withは内面重視の女性が多く、イケメン目的の女性が少ないという特徴があります。

    そもそも顔で判断しようとしていない人はプロフィールなどの内面に目を通すため、アカウントのプロフィール写真だけで対象外のレッテルを貼られることがありません。

    withは相性や性格でマッチングする

    with最大の特徴であり魅力が、心理学をもとにした心理テストや性格診断です。

    自分の性格や相性の良い異性のタイプを知ることができ、内面の相性が良い人とマッチングしやすいアプリとして注目されています。

    そういったアプリの特徴からも、「自分の性格に合う人と出会いたい」というユーザーの思いを感じ取ることができるのではないでしょうか。

    初めから内面重視の人だと分かっていれば、必要以上に容姿を気にせず自分らしくアプローチできるはずです。

    マッチングアプリ満足度NO.1

    性格診断で「価値観」が合う相手がみつかる

    ブサメン・フツメンでもマッチングアプリを攻略する方法

    続いては、ブサメン・フツメンでもマッチングアプリを攻略する方法を解説します。

    ブサメン・フツメンはイケメンと比較すると、顔で勝負できない分工夫や意識が必要ですが、やり方次第でタイプの女性とマッチングすることもできます。

    マッチングアプリ専用のカメラマンに撮影してもらう

    写真は撮り手の腕次第で、全く違う写りになります。

    「何でもいい」と適当に撮影した写真をプロフィール写真に用いるのは絶対にやめましょう。

    マッチングアプリ専用のカメラマンは、映りを知り尽くしたプロフェッショナル!

    どんな写真が異性ウケするか、モテる写真を熟知しているので飛び切りの一枚を撮影してくれます。

    実際、プロに撮影してもらった写真でマッチング率や返信率があがったなどといった口コミも多くあります。

    自分にも自信が持てるはずですよ。

    紹介文の改良はマッチング率をかなり変える

    写真だけで判断しがちな男性とは異なり、女性の大半がプロフィールに目を通しています。そのため、適当に書いた文章はNG!

    「やる気がない」「誠意が伝わらない」と思われてしまいます。

    紹介文も、女性ウケを意識した内容に変えましょう。

    紹介文を書く際のポイントがこちら。

    • 冒頭の挨拶+感謝の気持ちを書く
    • ネガティブな内容は書かない
    • アピールポイントが伝わるよう意識する
    • 無駄なことは書かない

    また、ボリュームは、長すぎず短すぎずの300〜500文字程度がベストです。

    毎日ログインする

    ブサメン・フツメンの方はイケメンとは異なり、女性からアプローチされる機会は少ないです。

    そのため、ブサメン・フツメンの方が出会うためには積極性が必要不可欠!

    ログイン頻度を増やしてアクティブユーザーであることをアピールすることも、積極性の一つです。

    頻繁なログインは、真剣さや本気度といったイメージに直結するので、なるべく毎日ログインしましょう。

    また、大半のマッチングアプリでは、検索欄に表示させたり、おすすめ会員として紹介するなどアクティブユーザーを優先します。

    また、最終ログイン日時を検索項目の一つとしているアプリもあります。

    女性のプロフィールに足跡をつける

    異性のプロフィールを閲覧した証拠として残る足跡は、相手に対して興味を持ったことを意味しています。

    足跡が残っていると、相手の女性があなたのプロフィールを閲覧するきっかけになります。

    逆の立場でも、足跡が残っていると「どんな人だろう?」と気になるのではないでしょうか。

    足跡は「いいね!」をしたり直接メッセージを送るよりも手軽なので、プロフィール写真を見て「いいな」と思った相手のプロフィールはなるべく目を通しましょう。

    コミュニティの偏りをなくす

    アプリ内のコミュニティも、趣味が合い、共通点がある相手を見つける手段の一つ。

    趣味や共通点がある人とは、メッセージのやりとりはもちろんデートした際の会話も盛り上がるので異性に求める重要ポイント。

    コミュニティの偏りをなくして、色々なジャンルのコミュニティに入ればその分出会いのチャンスが増えることになります。

    特別好きなものでなくても、「ちょっといいな」と思うコミュニティには入っておくと出会いのきっかけになるのでおすすめです。

    なお、マッチングアプリで共通点ない時の会話の広げ方はこちらで紹介しています。

    足跡返しがある女性にいいねを送る

    自分から相手女性の写真やプロフィールを閲覧して足跡を残し、相手から足跡返しがあったらそのままにしておくのはNGです!

    足跡返しは少なからず相手の女性があなたのことを意識したことを意味しています。

    そのため、相手からの足跡返しがあった際には、積極的にいいね!をしてあなたからアピールしましょう。

    早いうちだと、足跡を付けたばかりなので「あ、この人か!」とイメージしやすいですしそこから関係が発展する可能性も期待できます。

    顔写真なしの内面重視の女性を狙う

    マッチングアプリユーザーの中には、自分の顔写真をあえて掲載していない人の姿もあります。

    顔写真を掲載しない理由は人それぞれ。

    自分の顔に自信がない人もいれば、外見で判断されたくないと思っている内面重視の人もいるでしょう。

    いずれにせよ自分が顔写真を掲載していない人であれば、相手の顔を重視することもないので、狙い目です!

    顔写真を掲載していない理由を、紹介文に記載している場合もあるので念のためチェックしましょう。

    顔写真なしでも雰囲気がわかる写真は載せる

    「ブサメンだから、顔に自信がない…」

    「顔だけで判断されたくない」

    と、顔写真を掲載しない場合でも、顔がはっきりと分からない雰囲気が分かる写真があれば載せるようにしましょう。

    いくら顔を重視しない内面重視派の女性でも、写真が全くないとなると不安になるもの。

    やはり、写真が0なのかあるのかでは印象が全く異なります。

    顔写真を載せたくない方は横顔や遠目の写真、後ろ姿…など雰囲気だけでも伝わる写真を選んで掲載するとよいでしょう。

    年上女性を狙う

    ブサメンやフツメンは、自分より若い世代〜同世代でなく年上女性を狙うのがポイント!

    若い女性は、容姿が良い人に惹かれがちですが、年齢を重ねるごとに容姿よりも内面を見る傾向があるからです。

    さまざまな男性と会い、経験を重ねて人は顔じゃないことを実感している女性は、内面で優れている部分を見抜き評価してくれます。

    顔に関していえば、ストライクゾーンが広いので、ブサメン・フツメンにとってはチャンス!

    恋の駆け引きなどの必要もなく、まっすぐ思いを伝えれば受け取ってくれる懐の広さも年上女性ならではの魅力と言えるでしょう。

    おばさん好きな男性はこちらの熟女と出会えるマッチングアプリを参考にしてください。

    出会いを勝ち取るポイントを押さえよう!

    マッチングアプリは所詮顔と思っていた方、いかがだったでしょうか。

    お伝えしたように、マッチングアプリはイケメンだけでなく顔に自信がない方にも出会いのチャンスがあります。

    顔が良いことは強みにはなるものの、ブサメンでも顔以外の面で魅力があれば十分出会いを勝ち取ることは可能です。

    顔に自信がないからと諦めずに、あなたの魅力を最大限にアピールする方法を身に着けて勝負に挑みましょう!

    マッチングアプリ満足度NO.1

    性格診断で「価値観」が合う相手がみつかる

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    好きなところから読む