コスパ最強のマッチングアプリを紹介

マッチングアプリはドタキャンが多い|ドタキャンする理由や対策法を解説

マッチングアプリの中で知り合った異性。デートで会う約束をしたのに、当日になってドタキャンされた経験はありませんか?

体調不良や急用で来れなくなるのは仕方ありません。しかし、中には連絡なしでバックれられたりブロックされたりするケースも。

せっかく異性とデートできると思ったのに、ドタキャンされたら落ち込んでしまいますよね。

そこでこの記事では、マッチングアプリで「ドタキャンが多い理由」や「ドタキャンされないための対策法」などを解説します。ぜひ、参考にしてください。

マッチングアプリでドタキャンが多いのはなぜ?ドタキャンする理由を解説

マッチングアプリでドタキャンが多いのはなぜでしょうか。人によってはちゃんとした理由があってドタキャンする場合もありますが、他にもさまざまな理由があります。

ここでは、異性がドタキャンをする理由について解説します。

風邪や頭痛などの体調不良

ドタキャンする理由の一つとして、風邪や発熱などの体調不良が挙げられます。

ドタキャンするつもりはなくても、デート当日に頭痛や腹痛などが起こる場合もあります。

体調を崩しにくい人からすると、「もっと体調管理をしておいて欲しい」と不快に思うかもしれません。

しかし、急な体調不良は自分でもわからないため、仕方がないといえるでしょう。

急用が入った

仕事やバイト、学校、その他の用事など、急用が入ることでドタキャンをするケースもあります。

こちらも自分の意思だけではコントロールできない部分があるので仕方ないともいえますね。

特に性格が優しく責任感がある人ほど、仕事の依頼や頼み事を断りずらいはずです。

気分がのらない・めんどくさい

上記の二つの理由のようにしっかりとした理由があるならともかく、「気分がのらない」「めんどくさい」といった理由でドタキャンする人も存在します。

自分の気持ちを優先させるため、少しでも気分がのらないとすぐにドタキャンする傾向があります。特に気分屋の人にこの傾向があるため、「プロフィールの情報」や「デート前のやり取り」で気分屋な態度が現れていたら注意が必要です。

誘いを断れきれなかった

ドタキャンの理由として、デートの約束をしたけど「本当は行きたくない」「断りきれなかった」ということも考えられます。デートを断れきれないまま当日を迎えてしまい、ドタキャンをしてしまうのです。

特に女性は、男性から誘われるときに「文句を言われたらどうしよう」「怒られるのが怖い」と感じてしまい断れないケースもあるようです。

すでにいいパートナーを見つけた

ドタキャンの理由として、すでにいいパートナーを見つけた可能性も考えられます。

マッチングアプリでは、複数の異性と同時にやり取りを行う人が多いです。そのため、デート当日までに他の異性とマッチングしている可能性もあります。デートの約束をしている異性よりも魅力的な異性とマッチングした場合は、そちらを優先してしまいドタキャンすることも考えられるでしょう。

相手に興味がない

「デートの約束はしたけど、正直そこまで相手に興味がもてない」というのも、ドタキャンの理由の一つとして考えられます。デート当日になって気が重くなりドタキャンをしてしまうのです。

このような人は、基本的に怒られたり不機嫌な態度をとられたりするのが苦手な傾向があります。そのため、連絡なしでバックれたりブロックしたりするケースもあるようです。

想像していた雰囲気と違った

「想像していた雰囲気と違う」と感じてドタキャンするケースも存在します。

この場合、実際にデートの待ち合わせ場所までは行きます。しかし、プロフィールに登録されていた写真と雰囲気が違うことによって、相手に会わずにその場を去ってしまうのです。

原因としては、「プロフィール写真と服装や髪型が大きく異なる」「清潔感がない」などが考えられます。この場合は、自分に原因がある可能性もゼロではありません。

マッチングアプリでドタキャンされたときにとるべき行動

マッチングアプリでドタキャンされた後は、どのような行動をとればいいのでしょうか。ここでは、ドタキャンされた際にとるべき行動について解説します。

ドタキャン後は、基本的に相手からの連絡をまつ

ドタキャンされたら、基本的に相手からの連絡を待つことをおすすめします。相手がドタキャンした理由によっては、こちらから連絡すると音信不通になったりブロックされたりする可能性があるので注意しましょう。

本当に自分に興味を持ってくれている誠実な人であれば、別日を提案してくるはずです。

ただ、中には「気まずい」「連絡しにくい」と感じて、連絡をしてこないケースもあります。その場合は、7〜10日くらい空けてから連絡してみましょう。

相手が信頼できそうな異性であればリスケを行う

相手が「体調不良」や「急用」などでドタキャンした場合、その理由が本当か嘘かを見分ける方法はありません。しかし、本当に信頼できそうな相手であれば、こちら側からリスケを行うのもアリです。

「体調は大丈夫そうですか?」「予定は落ち着きましたか?」など、相手に気遣いの言葉を入れながらリスケを試みましょう。

悪質なドタキャンの場合は運営に通報する

なんの連絡もなしにドタキャンをして、その後に音信不通になったりブロックされたりするケースもあります。このように悪質なドタキャンの場合は、運営に通報を行いましょう。

ほとんどのマッチングアプリは、利用規約で連絡なしのドタキャンを違反行為として明記しています。

連絡なしのドタキャンは、アプリの利用規約に違反する行為です。違反が発覚すればアカウント停止になる場合もあります。他のユーザーが同じ被害に合わないためにも、悪質なドタキャンをされたら通報を行いましょう。

マッチングアプリで2回目のドタキャンはほぼ脈なし

1回目のデートが無事終わったあと、2回目のデートでドタキャンされた場合は、ほぼ脈なしといえます。相手から「想像してた人と違う」「性格が合わない」などと思われている可能性が高いです。

とはいっても、本当に体調不良や急な用事でドタキャンする場合ももちろんあります。見分けるのは難しいですが、相手から別日を提案してくれるかどうかで判断するといいでしょう。

こちらから無理に連絡すると、「めんどくさい」と思われてブロックされる可能性もあるので注意が必要です。

マッチングアプリでドタキャンされないための対策法

上記で紹介した通り、ドタキャンをする理由は人によってさまざまです。ドタキャンを100%避けることは難しいでしょう。

しかし、ドタキャンの可能性を下げることは可能です。

ここでは、ドタキャンされないための対策法を紹介します。

ドタキャンしやすい人の特徴を把握しておく

ドタキャンを完全に避けることはできませんが、ドタキャンをしやすい人の特徴を把握しておけば対策がしやすくなります。

以下の特徴を押さえておきましょう。

  • プロフィールに「気分屋」と記載されている
  • 理想が高すぎる
  • メッセージ返信が遅い
  • メッセージの内容がそっけない

デートまでの間に、こまめにやり取りしておく

ドタキャンをされないためには、デートまでの間にこまめにメッセージのやり取りを行うことが大切です。こまめにやり取りをして信頼関係を築いておけば、ドタキャンすることへの罪悪感を覚え、ドタキャンされる確率は下がります。

また、事前にLINE交換や通話をしておくのもおすすめです。ただ、中には電話が苦手な人や会ってからLINE交換したいという人もいるので注意しましょう。

デートまでの期間を空けすぎない

ドタキャンをされないためには、約束からデートまでの期間を空けすぎないことが大切です。デートまでの期間が空きすぎてしまうと、ドタキャンの原因になります。

期間が空いたことにより恋愛の熱が冷めてしまったり、デートがあったことを忘れてしまったりするケースもあります。

デートの約束は、なるべく1週間以内に取り付けるのがおすすめです。

どうしても1週間以上期間が空いてしまう場合は、こまめに連絡して恋愛の熱が冷めないようにしましょう。

相手の容姿を褒めすぎない

メッセージのやり取りで、相手の容姿を褒めすぎるのもドタキャンの原因となります。相手は「プロフィール写真と全然違うと思われたらどうしよう」などと考えてしまい、プレッシャーを感じてしまいます。

本当に思っていたとしても「かわいい」「かっこいい「すごいタイプ」など、容姿を褒める発言は控えることをおすすめします。

褒めるのであれば、実際に会ってからにしましょう。

マッチングアプリで自分がドタキャンをする場合

ここまでは、相手によるドタキャンについてお伝えしてきました。しかし、実際に自分がやむを得ずドタキャンする場合もあるかもしれません。ここでは、自分がドタキャンをする場合の注意点について解説します。

すぐに別日の提案をする

自分がやむを得ずドタキャンをする場合は、謝罪してからすぐに別日の提案をすることが大切です。一度ドタキャンをしてしまうと、許してくれたとしても、信用度が下がってしまう可能性は高いです。

そのため、謝罪だけで終わるのではなく、「〇〇日はいかがですか?」「来週はいつ空いていますか?」というようにすぐに別日を提案して本気度をアピールしましょう。

また、デートで実際に会ったときにも、ドタキャンしたことをしっかりと謝罪するのも忘れないようにしてください。

できるだけ早く伝える

自分がドタキャンをする場合、できるだけ早く相手に伝えることが大切です。

お店を予約している場合は、前日や当日などギリギリだとキャンセル料が発生します。そのため、キャンセルの連絡が遅くならないように注意しましょう。

マッチングアプリのドタキャンは完全には避けられないが、対策はできる

この記事では、マッチングアプリでドタキャンする理由や対策法を解説しました。

マッチングアプリでは必ずドタキャンする人が存在するため、100%避けることは難しいでしょう。

しかし、しっかりと対策をしておけば、ドタキャンをされる可能性は下げられます。

今回紹介した内容を参考にして、マッチングアプリで素敵な出会いを体験してみませんか?