コスパ最強のマッチングアプリを紹介

マッチングアプリがつまらない!疲れた!解決策と簡単に出会えるアプリ3選!

マッチングアプリを利用している人の中には、何度も違う相手に同じような挨拶をしたり、同じようなメッセージを送るだけの作業になっているために「つまらない」「疲れた」と思う人も多いでしょう。

マッチングアプリでいいねを送ったり、メッセージを送る作業は出会うためにも大切な行為の一つですが、連絡を取り合っても実際に出会うことができなければ、「辞めようかな?」と思う人も多いと思います。

そこで、今回はマッチングアプリを利用していて「つまらない」「疲れた」と思う原因、実際にすぐに出会うことができるマッチングアプリなどをご紹介していきます。

マッチングアプリが「つまらない」「疲れた」と思う原因

長期間マッチングアプリを利用していると、だんだん疲れてきてしまいがちです。

つまらない・疲れたと感じる場合はマッチングアプリを辞めれば済む話ですが、月額料金を支払っている場合や、つまらなくても出会いは諦めたくない人は、原因と改善策を紹介しますので、参考にしてください。

メッセージのやりとりがめんどくさい

マッチングアプリの使用していて、つまらない。疲れたと感じる人はメッセージのやりとりがめんどくさいと思っている人が多いです。

冒頭でもご説明しましたが、マッチングアプリで自分の気になる相手と出会うためには、メッセージでやりとりをすることが欠かせません。

また、出会いの可能性を増やすために1日に10人近くの人とやりとりをすることも多く、相手の返信が早ければ早いほどメッセージのやりとりがめんどくさいと思うことでしょう。

特に相手が女性であれば、警戒心もあるため、メッセージである程度話をしなければ実際にデートをしてくれないことも多いです。

そこで、メッセージのやりとりがめんどくさいと感じる人はマッチングアプリの機能にもある「ビデオ通話」を利用しましょう。

ビデオ通話をすることで、お互いの顔を確認して話をすることができ、短期間で相手との距離を近づけることができます。

また、ビデオ通話なら何度もメッセージをする必要がなく、10分程度電話すれば相手との距離が縮まるため、効率良くデートの約束をすることもできます。

実際に会う約束をしても休みの日がつぶれてしまう

実際に自分の気になる相手と楽しいデートをすることができれば、その分楽しむことができますが、万が一写真と全く異なる人が待ち合わせ場所に来た場合や、約束をしてもその日に現れないために「時間を無駄にした!」と思う場合もあります。

このような場合は実際にデートをする日を仕事終わりにディナーだけにする、あまりにもプロフィールの写真がモデル並みの可愛い子は相手にしないなどの解決策があります。

そもそも誰ともマッチングしない

マッチングアプリは相手とマッチングしてからがスタートです。

そのため、気になる相手にいいねを送っても、誰ともマッチングしないというケースもあります。

そのような場合の原因は「プロフィール写真」と「自己紹介文」に問題があることが多いです。

そもそもマッチングしない場合は自分のプロフィール写真を笑顔で爽やかな印象がある写真に設定したり、自己紹介文に「自分の好きな事・趣味」「相手に求めること」「仕事・休みの日の過ごし方」などを記載してみましょう!

プロフィールを充実させることは、マッチングの可能性を高めることにも繋がりますので、意識してみてください。

会話のネタ切れ

会話のネタ切れが原因で、つまらない、会話の内容を考えるだけで疲れるという人も多いでしょう。

会話のネタ切れが原因でつまらない・疲れたと思う人は、会話の内容を考えることも大切ですが、会話のサポートをしてくれるマッチングアプリを利用することもおすすめです。

盛り上がらない心が折れる

会話が盛り上がらない原因の一つとして、どちらかのメッセージの内容の中で質問がない傾向にあります。

ある程度仲良くなってからであれば短文や質問がないメッセージでも良いと思いますが、まだ仲良く慣れていない相手とメッセージをする時は質問を交えた会話を意識することが重要です。

他のアプリを利用してみる

マッチングアプリを利用してみて、つまらない。疲れたと思うことがある場合は他のマッチングアプリを利用してみることもおすすめです。

dine(ダイン)

ダイン(Dine)

「dine」は実際に会う事にフォーカスしたマッチングアプリで、メッセージなどのやりとりを極力排除したマッチングアプリです。

「dine」の年齢層は20代前半~30代前半の利用者が多く、男女問わず月額6,500円で利用できます。

マッチングアプリには珍しい女性も費用がかかるマッチングアプリのため、無料で利用できるマッチングアプリよりも本気で出会いを探している人が多いです。

また、「dine」はデートを約束をした後のお店の予約も全てdine側がしてくれるため、お店を予約する際にかかる手間や時間もかかりません。

Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)

Tinderは世界中で使われており、会員数は約88万人も利用しているマッチングアプリです。

年齢層は10代後半~20代前半の利用者が多く、圧倒的に他のマッチングアプリよりも若い人が大半です。

年齢層が若いということもありますが、Tinderの利用者は男女共にフットワークが軽い人が多いです。

そのため、マッチング後少しやりとりをすることですぐにデートの約束をすることもできるため、おすすめです。

いきなりデート

いきなりデートはマッチング後はやりとり不要で、デートの日程調整をするだけですので、手間や時間がかかりません。

メッセージ不要ということもあり近年注目されているマッチングアプリのため、現在利用しているマッチングアプリがつまらない・疲れたと感じる人はぜひ利用してみてください。

まとめ

今回はマッチングアプリを利用していて「つまらない」「疲れた」と思う原因、実際にすぐに出会うことができるマッチングアプリなどをご紹介してきました。

マッチングアプリを利用していて、つまらない・疲れたと思うけれど、出会いの可能性を捨てたくないという人はこちらの記事で紹介した解決策や他のアプリを利用してみてください。