コスパ最強のマッチングアプリを紹介

ペアーズ(Pairs)のFacebookログインはバレる?フェイスブックなしでも登録する方法

ペアーズはFacebookのアカウントを利用すれば、簡単に登録できます。必要な情報をFacebookから自動で取得してくれるため、自分で情報を入力する手間を省けます。

しかし、Facebookログインを行った場合、

「Facebookの知り合いにペアーズ利用がバレないか」

「自動でタイムラインに投稿されてしまわないか」

といったことを気にする方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、「Facebookでログインすると知り合いにバレるのか」「Facebookなしで登録する方法はあるのか」などを解説します。

ペアーズはFacebookでログインしても知り合いにバレにくい!その理由を解説

結論をいうと、ペアーズはFacebookでログインしても知り合いにバレることは滅多にありません。むしろ、Facebookログインのほうが身バレする可能性を減らせます。その理由について解説します。

ペアーズで知り合いにばれる確率はと身バレしない為の対策はこちらの記事で解説しています。

名前がニックネームで表示されるため

ペアーズは、アプリ内で本名の公開が禁止されており、ユーザーの名前はニックネームで表示されます。本名は表示されないので、名前だけでユーザーを特定することはほぼ不可能です。

ただし、「連想しやすいニックネーム」や「知り合いに知られているあだ名」などを使用すると、特定されてしまう場合もあります。そのため、普段使わないようなニックネームを使用するのがおすすめです。

ペアーズで本名を教える際の注意点はこちらの記事で解説しています。

タイムラインに投稿されないため

ペアーズを利用していても、Facebookのタイムラインに自動で投稿されることはありません。

そのため、自分から言わない限り、ペアーズを利用していることは誰にもわからないので安心です。

ただし、ペアーズのFacebook公式アカウントに、自分から「いいね」を押すと周りに告知される場合があるので注意しましょう。

Facebookでつながっている友達を非表示にできるため

ペアーズの登録をFacebookで行うと、Fecebookでつながっている知り合いが自動的に非表示になります。ペアーズでFacebook上の知り合いにプロフィールを見られたりマッチングしたりしなくなるため、身バレ防止になります。

ちなみに、同性に関してはFacebookでつながっていてもいなくても、画面には表示されないので心配はいりません。

Facebookでログインしても知り合いにバレるケースが存在する

上記で解説した通り、Facebookで登録を行えば身バレする可能性は低いです。ただし、可能性はゼロではありません。

実際に知り合いにバレるケースも存在します。

以下の2つに注意しましょう。

Facebookでつながっていない知り合い

Facebookでつながっていない知り合いには、身バレするケースがあります。

例として「Facebookを利用していない友達」「友達の友達」「最近知り合った人」などが挙げられます。

Facebook上でつながっていればバレることはありませんが、「Facebookを利用していない友達」「友達の友達」「最近知り合った人」には、バレる可能性があります。

また、都市部であれば利用者が多いため、知り合いに遭遇してしまう可能性は低いです。しかし、地方や田舎で利用する場合は注意が必要です。利用者が少なく、「同級生」や「職場の人」など、知り合いに遭遇してしまうケースが多いので気をつけましょう。

直接画面を見られてしまう|プッシュ通知に注意

ペアーズでは、「いいねをもらったとき」「マッチング成立したとき」「メッセージやお知らせが届いたとき」など、頻繁にプッシュ通知が届きます。そのため、スマホの待ち受け画面にプッシュ通知が届いているのを見られて、ペアーズを利用してることがバレる可能性があるのです。

人と会っているときはプッシュ通知をオフにしておくか、待ち受け画面に表示されないように設定しておくことをおすすめします。

ペアーズはFacebookなしでも登録できる

ペアーズ(Pairs)

ここまでは、ペアーズにFacebookでログインした場合について解説をしました。

しかし、中には「Facebookのアカウントを持っていない」という方もいるでしょう。

そんな方でも大丈夫です。ペアーズは、Facebookのアカウントがなくても登録できます。ここでは、具体的な方法について紹介します。

電話番号で登録する

ペアーズは、Facebookをやっていなくても電話番号で登録できます。

アプリ立ち上げ画面で「電話番号ではじめる」を選択しましょう。

その後、プロフィールや基本情報を入力するだけで簡単に登録が完了します。

ただし、固定電話番号は利用できません。携帯電話番号でしか登録できない点に注意しましょう。

メールアドレスで登録する

ペアーズは、メールアドレスでも登録できます。

アプリ立ち上げ画面で「メールアドレスではじめる」を選択しましょう。

電話番号登録と同様に、プロフィールや基本情報を入力すれば簡単に登録が完了します。

Facebook登録が最も身バレしにくい|連携解除もできる

ペアーズはFacebook登録をしなくても、電話番号やメールアドレスで登録できることを解説しました。しかし、電話番号やメールアドレスで登録すると、Facebook登録のように「つながっている知り合いを非表示」にできません。そのため、知り合いに身バレする可能性は必然的に高くなります。

このことから、Facebook登録が最も身バレしにくい登録方法といえるでしょう。ちなみに、Facebook登録後に万が一不安になった場合でも、いつでもFacebookとの連携を解除できるので安心です。

ペアーズで知り合いにバレないための方法

ここでは、「ペアーズを利用していることを絶対に知り合いにバレたくない」という方のために、対策方法を紹介します。

以下の方法を利用すれば、身バレする可能性がほとんどなくなるので、ぜひ参考にしてください。

事前に知り合いを検索してブロックしておく

ペアーズには、アプリ内で相手との接触を完全に遮断できる「ブロック機能」が存在します。ブロック機能を使用すれば、対象の相手の画面に自分のプロフィールが表示されることはありません。そのため、事前に知り合いを探してブロック機能を使えば、相手にバレるのを防げます。

出身地や住んでいる場所など、知り合いに該当しそうな情報を絞って検索を行い、もし知り合いが見つかればブロック機能を使用しましょう。

ただし、注意点として「足跡」をオフに設定することを忘れないでください。

知り合いかどうかを判断するためには、相手のプロフィールをチェックする必要があります。その際に、「足跡」をオフにしていないと相手に足跡が残ってしまいます。

足跡をつけてしまうと、ブロック機能を使用する前に、相手に身バレしてしまう可能性があるため注意しましょう。

FacebookやLINEと同じ顔写真を使用しない

ペアーズで顔写真を設定する際は、FacebookやLINEと同じ写真を使用するのはおすすめしません。

FacebookやLINEと同じ顔写真を使用していると、相手の検索画面に表示された際にバレやすくなります。顔写真でなくても、他のSNSと同じ画像を使用していればバレる可能性は十分にあります。

そのため、ペアーズで使用する顔写真は他のSNSで使用していないものにしましょう。

ただし、身バレを恐れて自分の存在を隠しすぎた写真にすると、マッチング率が下がってしまいます。そのため、少し距離が離れて写っている写真や、後ろ姿などの本人の雰囲気がわかりやすい写真を選びましょう。

細かい情報を記載しすぎない

名前や写真で特定できなくても、プロフィールの細かい情報から身バレしてしまうケースもあります。

そのため、職業や出身校などといった個人情報は細かく記載しすぎないように注意しましょう。

有料オプションの「プライベートモード」に加入する

これまで紹介した方法でも十分に身バレの対策は可能ですが、100%ではありません。そのため、「何がなんでも絶対にバレたくない」という方は、有料オプションの「プライベートモード」に加入することをおすすめします。

プライベートモードを利用すれば、「自分がいいねした人」か「マッチング成立した人」にしか、自分のプロフィールが表示されなくなります。また、自分が相手のプロフィールを見ても足跡が残らないため、身バレする可能性はほとんどありません。

ペアーズの料金プランとおすすめの課金タイミングについてはこちらの記事で解説しています。

ペアーズはFacebookで登録するのが一番簡単

この記事では、「ペアーズのFacebookログインで知り合いにバレるのか」や「Facebookなしでも登録する方法はあるのか」などを解説しました。

Facebookでログインを行うと、友だちを非表示にできるため知り合いにバレることはほとんどありません。身バレするケースも稀にありますが、今回紹介した対策方法を知っておけば、身バレしてしまう可能性をさらに減らせます。

また、Facebookログインの場合、ニックネーム以外の情報を自動取得してくれるため登録情報を入力する手間が省けます。

さらに、Facebookアカウントを持っていない場合でも、簡単に作成可能です。

ペアーズの利用を開始する際は、Facebookで登録を行うことをおすすめします。