ペアーズが障害者の恋活・恋人探しに役立つ理由とは?

    マッチングアプリ【ペアーズ(Pairs)】

    「障害があっても恋したい!」と思っている人は多いのではないでしょうか。

    友達と同じように恋愛、結婚したいのに身体や心の障害を持っているとなかなか踏み出せない悩みも多いです。

    今回はそんなハンデがある人でも出会いやすいマッチングアプリ「ペアーズ」についてご紹介します。

    ペアーズが障がい者の恋活・婚活に一番おすすめの理由、マッチングのコツや気を付けることなどを詳しく解説します。

    これから素敵な恋のチャンスを掴んでみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

    目次

    ペアーズなら障がい者でも出会える理由

    世の中には数々のマッチングアプリが存在し、もちろん障がい者でも恋活や婚活ができるアプリがたくさんあります。

    しかしマッチングアプリによっては障がい者がなかなか出会えないものも多いです。

    ペアーズは他のアプリとは違い、障がい者でも無理なく出会うことができます。

    ペアーズが障がい者におすすめできる理由を見ていきましょう。

    入会時の審査がない

    ペアーズは入会時に審査がないので障がい者であっても登録できないということがありません。

    マッチングアプリによっては特別な審査があるようなアプリも存在するので、その点ペアーズは間口が広いのでおすすめです。

    ペアーズに登録するためには、

    • Facebookアカウント
    • ラインID
    • Apple IDまたはGoogleアカウント

    上のいずれかがあれば料金もかからずすぐ登録できるので誰でも簡単に利用することができます。

    また、ペアーズでメッセージするためには本人確認が必要です。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証
    • マイナンバーカード

    いずれかの書類をペアーズに提示し18歳未満でないことを証明することでメッセージの送受信が可能になります。

    ペアーズでは業者などの危険ユーザーを排除するためにも本人確認は必須事項です。

    しかし登録、本人確認ともにすぐクリアできる部分なので、「障がい者だとマッチングアプリを使えないのでは?」と心配している人もペアーズなら安心して入会することができます。

    関連▶︎ペアーズの料金とキャンペーン

    圧倒的な会員数

    ペアーズが障がい者やさまざまな人におすすめなのは、会員数が圧倒的に多いからです。

    ペアーズは累計会員数1,500万人以上を突破しており国内のマッチングアプリでは最大規模となっています。

    これだけ会員数が多いと都心だけではなく地方や人口の少ない地域でも一定のユーザーが見込めるのでどこにいても出会うチャンスがあります。

    またユーザーが多ければ多いほどいろいろな価値観の人が利用しているので、障がい者に理解のある人と出会う可能性も高いです。

    しかもペアーズはさらに会員数が増えている人気のマッチングアプリなので、今後もたくさんの出会いが期待できます。

    累計会員数1,500万人以上

    >>無料でペアーズをダウンロード

    コミュニティを活用して障害に理解のある人を探せる

    ペアーズにはコミュニティという趣味や価値観が合う人が出会える機能があります。

    ちなみにペアーズのコミュニティのカテゴリは3万以上を超えており、数あるマッチングアプリの中でも最大規模のコミュニティ機能となっています。

    そしてカテゴリのレパートリーも非常に多く、障がい者に関するカテゴリもたくさんあるのでおすすめです。

    このコミュニティに参加している人同士は同じ価値観を持っているのでマッチングしやすく他の機能よりも圧倒的に出会いにつながりやすいです。

    ペアーズのコミュニティは全て無料で使えますし、自分が参加するだけではなく新たなカテゴリを作ることもできるので自由度の高いおすすめの機能です。

    関連▶︎ペアーズの評判と口コミ

    ペアーズで障がい者がマッチングできるコツ

    ペアーズでは「いいね!」「ありがとう」でお互いが好意を持つことでマッチングし出会いにつながります。

    しかしペアーズではマッチングしなければ出会いに発展することはありません。

    では障がい者がマッチングするためにはどうしたらいいのでしょうか.。

    障がい者がペアーズでマッチングするコツをご紹介します。

    プロフィールで「できること」をアピールする

    障がいをもっていると他の人と違ってできないことや困難も多いので、つい出来ないことばかり書いてしまいがちになります。

    しかしマッチングアプリは出会いの場でもあるので、自分の魅力をアピールすることが大切です。

    どんな小さなことでも構わないので自分のできることをアピールし、異性に魅力ある人だと思ってもらいましょう。

    異性にあなたといると素敵な時間を過ごせそう、そう思ってもらえるようなプロフィールを目指しましょう。

    できないことよりもできることに目を向ける、これがペアーズの恋活でマッチングするための第一歩です。

    プロフィールの作り方がわからない方はぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

    関連▶︎ペアーズのモテるプロフィールの作り方とコツ

    障がいについてネガティブな発言をしない

    障がいを持っていると人と比較して悲観的になってしまうことも多く、ネガティブな発言をしがちになります。

    「恋ができないのは障がいを持っているせいだ」「生涯のせいで恋活や婚活がうまくいかない」など障がいのせいにしてしまいがちですが、そう悲観的に考えてしまうとなかなか出会いは訪れません。

    マッチングアプリでは障がいの有る無しに関係なく、ネガティブ発言をする人に良い印象を持つ人はいませんし、付き合いたいとは思いません。

    例えどんな辛いことがあったとしても、ネガティブな気持ちを出すのではなく明るくてポジティブさが伝わるほうがマッチングする機会が増えるのは言うまでもありません。

    異性から良い評価をもらうためにも、ペアーズでは悲観的な気持ちは伝えずに明るくて前向きな発言をするように心掛けましょう。

    今すぐ無料で会員登録

    >>無料でペアーズをダウンロード

    障がいについてプロフィールではなくメッセージで伝える

    ペアーズなどのマッチングアプリでは興味のある相手のプロフィールをチェックします。

    まずプロフィール写真でタイプの相手を見つけ、次に自己紹介をチェックします。

    自己紹介は職業など自由に書くことができますが、敢えて障がいについて書かないほうがよいです。

    というのも初めから障がい者であることを書くと出会える相手が限定されてしまうからです。

    もちろん障がいに対する理解を持っている人は多いですが、敢えて障がい者と恋愛したいと思う人はなかなかいません。

    自分の性格や中身を知る前に障がい者というだけでレッテルを貼られて恋愛対象外になってしまうのはとてももったいないです。

    それよりもまずは自分の中身を知ってもらってからメッセージなどで障がいがあることを伝えた方がよいです。

    むしろ好きになってからなら、たとえ障がいがあっても受け入れてくれるという人のほうが多いです。

    関連▶︎ペアーズで会うまでは1週間?1ヶ月?メッセージ回数はどれくらい?

    参加するコミュニティに気をつける

    上でもお伝えしたようにペアーズでは障がいに関するコミュニティも多いのですが、敢えて障がい者関連のカテゴリに入るのはおすすめできません。

    というのも参加しているコミュニティはプロフィールにも表示されるので、相手にも知られてしまいます。

    障がいを持っていることは悪いことではありませんが、そればかりのコミュニティに入っていると引かれてしまう可能性があります。

    そうではなく「旅行」「音楽」など自分の趣味に関するコミュニティに入ったほうが同じ価値観の人が「いいね!」しやすくなります。

    ペアーズでは障がいは障がい、出会いは出会いとして切り分けて考えたほうがきっと素敵な出会いが訪れるでしょう。

    コミュニティ機能で理想の相手に出会える

    >>無料でペアーズをダウンロード

    積極的にいいね!をする

    ペアーズではいかにたくさんマッチングするかが出会いのポイントとなります。

    しかしただ待っているだけではなかなか素敵な出会いは訪れませんし恋のレベルも上がりません。

    それよりも男性も女性も気になる人には積極的に「いいね!」を送ることが大事です。

    「いいね!」や足あとを付けたりペアーズで積極的に出会いを探したほうが異性と出会うチャンスは増えますし「いいね!」はデートするための第一歩です。

    ペアーズでは「恥ずかしい」などと躊躇して受け身になっているとライバルに取られてしまうだけなので積極的にアプローチしましょう。

    1日400人に恋人ができてる

    >>無料でペアーズをダウンロード

    ペアーズで障がい者が気をつけるポイント

    ペアーズはたくさんの異性と出会えるマッチングアプリですが、中には出会えなかったり残念な思いをしてしまうこともあります。

    せっかくペアーズを利用するのであれば、なるべく失敗せずに素敵な出会いを見つけたいものです。

    そこで障がい者がペアーズを使う上で特に気を付けてほしいポイントをお伝えします。

    理解者が少なくても気にしない

    ペアーズはユーザー数が多いのでいろいろな価値観を持った人がいますが、正直いって障がいに理解のある人ばかりではありません。

    せっかくマッチングしてもメッセージのやり取りでお断りされたり、障がいを打ち明けた途端に連絡が来なくなったりする可能性もあります。

    しかし、ペアーズを含めマッチングアプリではよくあることですし、障がいがなくても出会えない人はたくさんいます。

    相手に断られたからといって落ち込んでばかりいると時間の無駄なので、気持ちを切り替えて新しい出会いを探しにいきましょう。

    ペアーズを利用していると思わぬところにチャンスが転がっていることもあるので諦めずに続けることが大事です。

    出会いの数圧倒的

    >>無料でペアーズをダウンロード

    理解のない人を批判しない

    ペアーズなどのマッチングアプリを利用すると、マッチングした相手や「いいね!」した相手が障がいに理解がない、冷たくされたということもあるかもしれません。

    しかし、相手が障害に理解がないからといって批判するのはよくありません。

    もちろん障がいを差別するような人間は良くありませんが、それに対して悪口を言ってしまったら、あなたも同類になってしまいます。

    恋活・婚活していると少なからず良くないことや嫌な経験をすることはありますが、あまり気にせずにスルーすることも大事です。

    世の中は障がいに理解がない人ばかりではないので、むしろ障がいがあっても関係なく接してくれる良い人を探しましょう。

    つぶやきは悲観的にならないようにする

    ペアーズには日常のあったことを日記形式でつぶやける「つぶやき」という機能があります。

    つぶやきはその人らしさを伝える大事な機能であり、気になる人のつぶやきをチェックしている人も多いです。

    しかし悲観的な内容や悲しいことばかりつぶやくのは良くありません。

    ネガティブな内容ばかり載せていると暗い人だと判断されてマッチング対象から外されてしまいます。

    それよりも明るくて楽しい内容をつぶやいたほうがあなたの魅力が伝わります。

    つぶやきはプロフィールに大きく表示されますし、1日に3回まで更新できるので日常の楽しいこと、嬉しいことをアピールしていきましょう。

    1日400人に恋人ができてる

    >>無料でペアーズをダウンロード

    ペアーズと一緒に使いたいマッチングアプリ

    ペアーズはユーザー数も多くおすすめのマッチングアプリですが、中には出会えなかったという人もいます。

    マッチングアプリは相性が合う合わないがあるので出会えなくても諦めてはいけません。

    ペアーズ以外にも障がい者が出会いやすいおすすめのマッチングアプリをご紹介しますのでぜひ併せて使ってみて下さい。

    with(ウィズ)

    with(ウィズ)

    「with(ウィズ)」はメンタリストDaigoが監修している性格診断が人気のマッチングアプリです。

    心理学や統計学に基づいた本格的な性格診断がよく当たると評判で、診断結果をもとに相性の良い相手を紹介してくれます。

    withでは性格診断を含めさまざまな心理テストをすることでAIがあなたの好みを把握し、「相性〇%」と表示されるので理想の人が見つかりやすいです。

    そんなペアーズはどちらかというと見た目よりも性格重視のユーザーが多いので、障がいのある人でも出会いが期待できます。

    他にも「好みカード」という趣味や好きなことで出会える機能があるなどマッチングのチャンスも多いので気の合う相手を見つけたい人にぴったりです。

    ちなみにwithではプロフィール作成やメッセージ内容など分からないことをアドバイスしてくれるチュートリアル機能が充実しているのでマッチングアプリ初心者でも安心して使うことができます。

    マッチングアプリ満足度NO.1

    >>無料でwithをダウンロード

    関連▶︎withの評判と口コミ

    marrish(マリッシュ)

    マリッシュ(marrish)

    マリッシュは恋活・婚活したい男女に人気のマッチングアプリです。

    マリッシュでは20代、30代はもちろんのこと、50代や60代など幅広い年齢層が利用しており、いろいろな恋の形が実現しやすいアプリでもあります。

    マリッシュでは未婚だけではなく「バツイチ」「シンパパ」「シンママ」などさまざまなユーザーを応援する機能があります。

    例えばリボンマークという再婚者に理解を示すマークを表示したり、シンママだとポイントアップの特典があります。

    そんなマリッシュには初婚、再婚問わず真剣なお付き合いを望む人が多いので障がい者の恋活・婚活にもおすすめです。

    マリッシュはプロフィールや自己紹介を丁寧に書いている人が多いですし、ユーザーの真剣度が高いマッチングアプリとして定評があります。

    他のアプリより内面重視、理解のある人が多いので障がい者でもマッチングや出会いのチャンスが期待できます。

    30代〜40代に圧倒的人気

    >>無料でマリッシュを登録

    関連▶︎マリッシュの評判と口コミ

    ペアーズなら障がいがあっても出会える!

    障がいをもっていると恋愛や婚活に躊躇してしまう人も多いですが、ペアーズはいろいろな人と出会えるのでおすすめです。

    ペアーズなら検索機能も豊富でさまざまな異性と出会うことができますし、コミュニティで価値観の合う相手をマッチングすることもできます。

    障がいというハンデがあって悲しい経験をした人も多いかも知れませんが、出会いを探していればきっと素敵なお相手が見つかります。

    ペアーズは無料登録から始められるのでこれを機に気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    目次
    閉じる