Tinder(ティンダー)は身バレする!知り合いにバレないための7つの方法!

    Tinder(ティンダー)
    Tinderの満足度
    コスパの良さ
    安全度
    会員数非公開
    年齢層20代〜40代
    目的恋活
    この記事のまとめ
    • 連絡先をインポートさせない
    • Tinderに登録する際は電話番号で登録
    • プロフィールに個人特定させることを書かない
    • 位置情報の変更(有料プラン)
    • いいねしたユーザーのみ表示(有料プラン)
    • ディスカバリー機能をオフにする
    • スマホにロックをかける
    • Tinder利用時は人にみられないようにする
    • Tinderを本気で利用する時のみ顔写真などプロフを充実させる
    目次

    Tinderで身バレしないための7つの対策

    Tinderに登録する際に連絡先をインポートさせないようにする

    スマホアプリのTinderに登録する際に連絡先をインポートさせるかの確認がきます。

    その際にチェックをはずして自分で決めて登録するようにしましょう。(PCで登録する場合はありません)

    少しでも身バレのリスクを避けるために登録するときには最新の注意が必要です。

    Tinderには以下の方法でアカウント作成が可能です。

    • Googleアカウントで登録
    • Facebookアカウントで登録
    • 電話番号で登録

    FacebookやGoogleにTinderをはじめたことが通知されることは基本的にありません。しかし不具合で表示されたという例はあるようです。

    Tinderに登録する際に連絡先をインポートさせてしまった場合、連絡先をブロックしておくことが有効です。

    連絡先をブロックしておくことで、スマホの連絡先に入っている人に自分がTinderに表示されることはありません。

    電話帳に登録されている人をブロックする

    Tinderでは、電話帳やメールアドレスに登録されている特定の人をブロックするための「連絡先のブロック」という機能があります。

    この機能を利用すると、電話帳やメールアドレスに登録されている身バレしたくない特定相手の画面に、表示されなくなります。そのため、身バレ率がぐんと下がります。なので、電話帳やメールアドレスに身バレしたくない人がいる場合は「連絡先のブロック」をすることをオススメします。

    「連絡先のブロック」の手順は以下の通りです。

    1. Tinderのアプリを開く
    2. プロフィール画面を開く
    3. プロフィールのアイコンをタップする
    4. 画面を下へスライドさせ「連絡先をブロック」と書かれた部分をタップする
    5. スマホの設定画面からTinderがアドレス帳へアクセスする権限を許可する。
    6. 「連絡先」と書かれたタブをタップする
    7. 「連絡先」をタップして出てきた、連絡先一覧の中からブロックしたい相手を選ぶ
    8. 「連絡先をブロック」と書かれた部分をタップする

    以上の手順で簡単に連絡先やメールアドレスに登録されている、身バレしたくない人をブロックすることが出来ますよ!

    Tinderを電話番号で登録する

    連絡先をインポートさせない次に、身バレリスク回避する方法がこれ。電話番号で登録することです。

    Googleアカウント・Facebookアカウントで登録しても最終的に、電話番号での認証は必要になります。

    以上のことから電話番号登録にして他のSNSを経由させないようにしましょう。

    電話番号登録のみにすることで身バレにつながるものを表示させるリスクを避けることが可能です。

    Tinderは電話番号では身バレしない理由はこちらの記事で解説しています。

    有料プランに登録(Tinder Plus、Tinder Gold、Tinder Plutinum)

    有料プランに加入することで身バレしにくい以下の設定が可能になります。

    Tinderで身バレしたくないのであれば、位置情報(距離)をオフにすることをオススメします。

    なぜなら、位置情報(距離)がONになっている状態でTinderを起動すると自分がいる位置情報(距離)で友人や知り合いに身バレしてしまう可能性があるからです。

    位置情報(距離)をオフにするには有料プランTinderPlus、TinderGold、Platinumのどれかに加入する必要があります。

    有料プランの値段は、TinderPlusが1か月1950円、TinderGoldが一か月2925円、TinderPlatinumは、一か月3900円です。

    TinderPlusとTinderGold、Platinumに加入すると、Tinderの設定から下記の対策が出来るようになります。

    課金は悩みますが、絶対に身バレしたくない方は、有料プランに加入して位置情報(距離)をオフにすることをオススメします。

    • 任意の場所を位置情報に設定可能
    • 位置情報・距離・年齢の非公開
    • LIKE「いいね!」したユーザーのみに自分を表示

    有料プランにすることで自分のいる位置を変更できたり、自分がLIKE「いいね!」した人だけに自分のプロフィールを表示させることが可能です。

    年齢も非公開にすることが可能で同級生にもバレにくくなります。(マッチングの確率は下がる可能性があります)

    ただし、前述のとおり「自分の名前や写真をバレないようにしておく」ことが大前提となります。有料プランはお使いの端末や地域によって異なります。

    Tinderを開く時は1人だけの時にする

    Tinderを開く時は1人だけの時にする理由は単純にスマホ画面をみられないようにするためです。

    スマホからみられないために以下3点は抑えておくのはオススメ。

    • Tinderアプリからの通知をオフにする
    • Tinderアプリは完全に1人だけの時に利用する
    • スマホ自体にロックをかけておく

    これらのことを守ればリアルの世界で身バレをするリスクはかなり抑えられます。

    マッチすると決めた時のみ身バレのリスクを負う

    Tinderをはじめる理由はマッチングするためですよね?確実にマッチするには多少の身バレのリスクと戦うのもありです。

    Tinderを入る紹介画面でもプロフィール写真は皆さんいれています。実際マッチングするときは相手の写真があるからこそ信頼できるはず。

    「本気で今この瞬間マッチングさせよう」と思った時に身バレリスクを負って写真もあなたのものにするのもありです。

    もちろんマッチングするまでの身バレリスクは高くなります。しかしマッチングの確率を上げるためにも有効なひとつの手段ともいえるのではないでしょうか。

    「今は軽くウォッチするくらいにしよう」という時は。プロフィールの写真やプロフ内容を変えておくのもあり。

    身バレしないよう内容にしておいてもよいでしょう。

    マッチング後はTinderで実際に会う前に確認しておくべき15のことを確認しておきましょう。

    顔写真を登録しない

    身バレで1番バレやすいのは、顔写真です。なぜなら、プロフィール写真の顔が知っている人に似ていると誰でも「あの人かも…。」と勘づいてしまうからです。

    しかし、顔写真を登録しないと、した場合を比べるとどうしても顔写真を登録している方が「本気で恋人を探している」、雰囲気が分かるということでマッチング率が高い傾向にあります。

    マッチング率を上げるために、顔写真を登録するか迷うかもしれませんが…、身バレしたくないのであれば顔写真は登録しないことをオススメします。

    しかし、身バレしたくないけれど、マッチング率は上げたいというのが本音ですよね…。

    そんな方は、顔写真の代わりに、プロフィールには以下の写真をのせることをオススメします。

    • 自分のうしろ姿
    • 好きなアーティスト
    • 趣味
    • ペットなど

    上記の写真をプロフィール欄に載せておくと、顔写真には劣りますがその人がどんな人かイメージしやすくなるためマッチング率が上がります!

    顔写真は登録したくないけれど、マッチング率は上げたいという方はぜひ、上記の写真プロフィール欄にのせてみてくださいね!

    インスタグラム・Twitterなど他のSNSで利用している名前や写真を使わないようにしましょう。文章の使い方だけでも特定するような方もいます。

    少しでも自分とわからない写真や名前を表示させるようにしましょう。

    あまりにもご自身とかけ離れているとマッチングした時に話がかみ合わなくなるかもしれないのは注意です。

    Tinderの名前は偽名でもOK!本名から偽名に変更する方法はこちらの記事で解説しています。

    プロフィール欄に個人的な情報をのせない

    プロフィールの内容はマッチング率を上げるためには充実させる必要があります。しかし、身バレしたくないのであれば、プロフィール欄に個人的な情報は極力書かないことをオススメします。

    なぜなら、プロフィール欄に個人的な情報が書いてあるのを知り合いや友達が見ると、「あなたかもしれない」と勘づかれてしまう可能性が高くなるからです。

    特に注意するべき個人的な情報は以下です。

    • 出身地
    • 通っている大学や、勤務先
    • 年齢
    • 趣味の詳しい情報

    趣味の詳しい情報は、アニメが好きなどであれば身バレの可能性は低いですが、何のアニメの●●というキャラが好き、歌手の●●の●●という曲好きなど趣味の詳しい情報を記載すると身バレするリスクが高まります。

    趣味は個人が特定されない程度の大まかなな範囲の趣味を記載することをオススメします。

    また、Twitterやインスタなど自分が他のSNSで使っているニックネームで、Tinderに登録してしまうと、それに気付かれてしまい、身バレするケースもあります。

    Tinderで身バレしたくなければ、他のSNSで使っているニックネームでは登録しないことをオススメします。

    非表示機能(ディスカバリー機能)を活用する。

    身バレしたくないのあれば非表示機能(ディスカバリー機能)を活用することをオススメします。

    なぜなら、非表示機能(ディスカバリー機能)を使うと、相手から自分が見えなくなるため身バレしなくなるからです。

    注意事項

    ディスカバリー機能を使うと相手に自分が表示されいいねをされたり、メッセージのやりとりをすることも出来なくなってしまいます。そのため、非表示機能(ディスカバリー機能)を使っている間は、Tinderが使えない状態であるといっても過言ではありません。ですので、この機能を使うのは一旦Tinderをお休みしたいなど、Tinderを使わない状態で利用することをオススメします。

    非表示機能(ディスカバリー機能)の利用方法は以下になります。

    1. Tinderを開く
    2. Tinderの設定を開く
    3. 「Tinderで表示する」をオフにする。

    Tinderの非表示機能は以上の手順で簡単に利用できますので、一旦Tinderをお休みしたいときなどに利用してみてくださいね。

    Tinderでこれをやると身バレする4つの注意点

    1.プロフィールで個人情報を出し過ぎてバレる

    身バレの主な原因はプロフィールで個人特定されること。必ずバレないと思っていても写真や名前はとくに注意が必要です。プロフィールで注意することは以下の3点。

    • 写真
    • 名前
    • 自己紹介の内容

    自己紹介は必要ではあります。しかし個人が特定されるようなことを書かないようにしましょう。年齢と大学名があるだけでバレる可能性もあります。

    Twitterの身バレした人のツイートを見てみました。プロフィールから他のSNSと似た部分がありそこから身バレするケースも多いです。

    マッチングアプリの自己紹介の書き方はこちらの記事で紹介しています。

    2.FacebookでTinderアプリを【公開設定】にしてしまっている

    Facebookではアプリの公開範囲が以下のように設定可能。

    • 公開
    • 友達
    • 自分のみ

    基本的に自分のみになっているはずです。しかしここが公開や友達にチェックが入っていると身バレします。

    FacebookでTinderが公開設定されているか確認する方法は以下のとおりです。

    設定

    アプリとウェブサイト

    Tinderをタップ

    この手順でいくと以下の画像のとおりになります。(少しわかりづらいので画像で紹介)

    身バレしてしまう場合は、ここを【公開】もしくは【友達】にチェックをいれている場合です。

    Facebookから身バレしたくない場合、必ずここを【自分のみ】にチェックをいれておくようにしましょう。

    3.位置情報から身バレする

    距離設定でとくに注意が必要です。●●km先が近ければ近いほど身バレリスクは高まります。さらに人が少ない地域だと、自分が誰かを知らせているようなものです。

    位置情報から身バレさせないようにするには、プロフィールの改善か有料プランにすることの二点。

    4.知り合いがいるところでTinderアプリを利用する

    スマホのロックをかけていても、Tinderアプリを利用していることがバレるリスクはあります。とくに彼女と暮らしていたり、大学のベンチに座ったりしているときなど危険です。

    身バレを確実にしたくない方はTinderアプリを開く際は細心の注意を払うようにしましょう。可能な限り一人で部屋にいるときなど利用するのがオススメ。

    Tinderのアカウントは電話番号からバレる?

    結論から言うと、Tinderのアカウントが電話番号からバレることはありません。

    理由を3つ紹介します。

    Tinderでは、電話番号で異性を検索する機能が無いから

    Tinderには、電話番号を元に異性を検索する機能はありません。そのため、異性に電話番号を検索されて身バレすることはあり得ないと考えて良いでしょう。

    Tinderでは電話番号に登録されている相手が「友達スワイプ」や「共通のつながり」で出てくることはないから

    Tinderには、Facebookの情報を元に知人や友人を表示する「友達スワイプ」、「共通のつながり」というシステムがあります。

    そのためFacebookを利用していると、Facebookの友達に身バレしてしまう可能性があります。

    しかし、電話番号に登録されている情報を元に知人や友人を表示するシステムはありません。そのため、電話番号を元に知人や友人に身バレすることはないでしょう。

    Tinderでは、電話番号でFacebookを連携させることはないから

    Tinderでは、電話番号の情報を元に自動でFacebookを連携させるという機能はありません。

    そのため、電話番号を登録したからFacebookと連携されて「友達スワイプ」、「共通のつながり」から知人や友人に身バレすることはないです。

    Tinderの電話番号の変更方法は?

    Tinderの電話番号の変更方法は以下の手順で簡単に行えます。

    1. Tinderのアプリを開く
    2. プロフィールを開き、アイコンをタップする
    3. 画面を下側にスライドし、アカウント設定と書かれた部分をタップする
    4. 電話番号と書かれた部分をタップする
    5. 電話番号を更新と書かれた部分をタップする
    6. 出てきた画面に変更したい電話番号を入力する
    7. SMS認証を行う
    8. 完了

    Tinderで知り合いとマッチした後でもできる2つの対策

    1.知り合いではないのかと話してしまう

    Tinderを利用している時点で身バレしたくないからという理由の可能性は高いです。

    しかしマッチした理由はお互いの気が合うということ。勇気をもって打ち上けることで新たな気持ちで接することができる可能性があります。

    また相手が自分のことを知り合いと認識してしまっているケースも考えられます。危険な賭けではありますが、人生は一度きり。勝負をかけてみるのもありではないでしょうか。

    2.マッチの解除

    知り合いとマッチしてしまっても解除するのばもっとも身バレリスクが少ないです。相手が自分と認識している可能性を考えても100%バレていることはありえません。

    また知り合いと思われる人からLike(いいね!)がきたらNOPE(ごめん)で返すのもひとつの手段です。

    Tinder(ティンダー)とは

    Tinderは位置情報を利用したマッチングアプリです。半数以上の利用者が20代といわれています。

    20代におすすめのマッチングアプリはこちらの記事で紹介しています。

    Tinderの特徴としてあげられるのが以下の8つ。

    • 男女比は6:4と海外ではいわれている
    • 位置情報が利用できる
    • 20代が多い
    • 恋人も趣味仲間とのマッチングも可能
    • 軽い気持ちで始めるのが吉
    • 利用者は100万人以上
    • 軽い気持ちでマッチできる
    • 海外の人ともマッチできる

    また顔写真をいれたりプロフィールを充実させることで、マッチングの確率は一気に高まるという口コミも非常に多いです。

    その後チャットも気軽にすることができます。自分がマッチしたい方とチャットしやすいというのは大きなメリットです。

    マッチングの確率が高いということは身バレするリスクもあるということ。このあたりを理解した上でTinderを使いこなしていくのがよさそうです。

    身バレしにくいマッチングアプリ5選

    こちらで紹介しているマッチングアプリはマッチングアプリおすすめ比較ランキングから一部を紹介しています。

    1.with(ウィズ)

    withが身バレしにくい機能が休憩モード。この休憩モードはトークの履歴を残した状態でプロフィールを非表示にできます。

    100%身バレが防ぐことができるというわけではありません。しかし身バレリスクが手軽にできると評判がいいです。

    with(ウィズ)
    withの満足度
    コスパの良さ
    安全度
    会員数約400万人以上
    年齢層20代〜30代
    目的恋活・婚活

    2.タップル(tapple)

    タップルもペアーズ同様に「いいかも」「マッチング」した相手以外へにプロフィールを非表示にさせる機能があります。

    有料アイテムである【とうめいマント】です。こちらは100ポイント(税込み960円)で購入する必要があります。こちらは退会するまで利用可能。

    タップル(tapple)
    タップルの満足度
    コスパの良さ
    安全度
    会員数約600万人以上
    年齢層20代
    目的恋活・婚活

    3.Pairs(ペアーズ)

    Pairs(ペアーズ)には有料のプライベートモードという機能があります。

    この機能を利用することで「「マッチングした人」「いいねした人」のみにプロフィールが閲覧することが可能。

    何か月か契約かクレジットカードで払うかによって価格は変わってきます。

    ペアーズ(Pairs)
    ペアーズの満足度
    コスパの良さ
    安全度
    会員数1500万人以上
    年齢層20代〜50代
    目的恋活・婚活

    4.Omiai(オミアイ)

    Omiai(オミアイ)ではプロフィールから非公開を選ぶことができます。Omiaiは登録さえしていれば無料でプロフィールの公開させる範囲を設定させることが可能。(男性は有料プラン)

    真剣な出会いにも恋活にも利用できるアプリがOmiaiです。

    マッチングアプリ【Omiai】
    Omiaiの満足度
    コスパの良さ
    安全度
    会員数累計会員数700万人以上 ※2021年5月時点
    年齢層20代〜30代
    目的恋活・婚活

    5.ゼクシィ縁結び

    ゼクシィ縁結びでは【シークレットモード】をオンにすることで「いいね!」「マッチング」している人はプロフィールにでなくなります。

    ただし【シークレットモード】を利用するにはプレミアムオプションを利用する必要があります。

    \ ゼクシィ公式マッチングアプリ/

    まとめ|Tinder(ティンダー)で身バレしないためには?

    Tinderで身バレを防ぐには以下の点を可能な限り抑えておくのがベスト。

    • 連絡先をインポートさせない
    • Tinderに登録する際は電話番号で登録
    • プロフィールに個人特定させることを書かない
    • 位置情報の変更(有料プラン)
    • いいねしたユーザーのみ表示(有料プラン)
    • ディスカバリー機能をオフにする
    • スマホにロックをかける
    • Tinder利用時は人にみられないようにする
    • Tinderを本気で利用する時のみ顔写真などプロフを充実させる

    とくにプロフィールや写真は注意です。

    上記の点を抑えておくことで身バレするリスクを極力減らすことができるでしょう。

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる