コスパ最強のマッチングアプリを紹介

with(ウィズ)の秘密の質問とは?使うべきでない理由は?

秘密の質問とは?全5問の親密になるシステム

withの「秘密の質問」は心理学を元に考えられ、親密になりやすくするためのシステム。男性は有料会員にのみ使える機能です。女性は無料で利用可能。

秘密の質問の概要は以下の4点。

  1. 5問の質問にお互いが答える
  2. 2問目にいくのにはお互いが1問目に答える必要あり
  3. マッチングが必要
  4. 3回のメッセージを相互にやり取りして現れる

やり取りをはじめた相手とメッセージを3回ずつ行うと出てくるのが「秘密の質問」。withの運営が自動で5問の質問を1問ずつお互いに出してきます。

1問がお互い答えるとロック解除されて2問目に進むというシステム。基本的にひと言で答えられるようなカンタンな質問です。

質問しやすい環境かつカンタンな質問で、より仲良くしてくれるのが「秘密の質問」。

秘密の質問を利用するまでの流れ

  1. お互いメッセージを3通する
  2. 「秘密の質問が使えるようになりました!」と通知がくる
  3. 画面下に秘密の質問のアイコンが出るのでそれをタップ

この流れで「秘密の質問」を利用できます。しかし相手が望まない時はムリに利用する必要はありません。

質問が思い浮かばない人には「秘密の質問」を利用するメリットが大きいです。しかし「秘密の質問」を使いたくない人もいるのです。秘密の質問のデメリットを解説しますので、ご自身で必要か必要ではないか判断して利用してみるのがよいです。

秘密の質問を使うべきではない理由(デメリット)

  • 面倒だと思う人もいる
  • 答える内容によって引かれる
  • 話が弾んだことがないという人もいる
  • 温度差を感じる人もいる
  • 秘密の質問を使ってから無視が増える
  • 5問すべて利用しない場合がある

秘密の質問を使うべきない理由は上記のように「秘密の質問」をよく思っていない人が一定数いることです。

秘密の質問で温度差を感じてやり取りをやめた人もいます。しかし温度差を感じることはデメリットではなくメリットと考えるべきです。

長くやり取りを続けて後で温度差を感じるよりも、早い段階で理解できるのがよいです。デメリットだけではありません。

上記Twitterのようにwithの秘密の質問から、結婚までした方もいました。

「秘密の質問」で手ごたえを感じる人も多いです。メッセージで質問が考えられない人は、非常に魅力的なシステムといえます。

秘密の質問は男性から送るのはあり?

秘密の質問を男性から送るのは基本的にしない方が無難です。秘密の質問は何もいわずに利用すると半強制に感じる人もいます。

女性から秘密の質問がくるのを待つのが紳士といえます。普通のメッセージで秘密の質問に触れるのもあり。そこから会話がはずむ可能性も考えられます。

女性から送る時も基本的には送らない方がいいです。相手から秘密の質問がきてから、返事する方が好感をもってもらえます。

秘密の質問の例は?

  • 夢がかなうなら、どんな夢をかなえたい?
  • 世界が誰かと入れ替わったら誰と入れ替わりたい?
  • スーパーマンになれるなら何をしたい?
  • ペットを飼うなら何の動物を飼う?

心理学をもとに仲よくなれる質問が出てきます。あまり深く考えず楽しみながら答えていくと相手にも好印象を与えるはずです。

秘密の質問の答え方は?5問目まで答えるべき?

前述のとおり相手が回答してきてから返事するのが「秘密の質問」のうまい使い方といえます。

もしあなたが秘密の質問を使いたくない場合は、メッセージで「秘密の質問を使わずメッセージやり取りしよう。」と伝えてあげるとよいです。

5問目でこのように答えづらい質問がくることもあります。この場合、ユニークに返事をするのもあり。もちろんあなたの性格や相手にもよります。

どうしても秘密の質問が答えづらい時は、答えないのもありです。

秘密の質問が消えた時の原因と対処法は?

秘密の質問が消える原因としては以下5つがあげられます。

  1. 相手にブロックされた
  2. 相手が退会した
  3. 秘密の質問にどちらかが答えていない
  4. メッセージをお互い3通していない
  5. マイページの秘密の質問がOFFになっている

1,2のように秘密の質問がいやで温度差を感じている人もTwitter上でもよく見ます。相手にブロックされたときと、退会されたときは諦めるしかありません。

もちろん楽しんでいる人も多くいるので、「秘密の質問」を楽しめるかという相性もあるのがわかります。

3~5に関しては「秘密の質問」を表示させる条件です。秘密の質問を出したいときは3~5をクリアしておくようにするのが対処法です。