with(ウィズ)おためしトークの評判からみた3つの活用法

withのおためしトークの評判

withのおためしトークを利用しての評判・口コミを集めました。これらの感想を元におためしトークの最大限の活用方法をご紹介。

良い評判と良い口コミ

  • 趣味が合う相手を自動で探してくれるのでマッチングしやすい
  • メイン写真・名前・年齢・住まいをみて終了にもできる
  • 「いいね!」を送らないで通話ができて楽
  • 「お題」を自分の中で決めていくと楽しい
  • 緊張感がたまらない
  • ビデオ通話ができない

おためしトークの魅力的なところは2つ

  1. 通話をするまでのステップが短い
  2. 自動で相性のいい人と通話ができる

自己紹介文は見られません。イベントに参加したときに見られるのは名前・メイン写真・年齢・地域のみ。

ランダムで自分と合う人が出てきて通話がスタートします。「自動で相手を選んでくれるからメリットと感じる」と評価した人もいます。「ビデオ通話ができない」という点も女性からすると安心のようです。

悪い口コミでも「ビデオ通話ができない」という声もあります。ビデオ通話をしたいかどうかは個人の考えが重要ですね。「おためしトーク」と銘打っているように気軽に通話が楽しめると非常に評判がいいです。

悪い評判と悪い口コミ

  • 相手とすぐにつながらない
  • ランダムで相手が選べない
  • 緊張して話が出来ない
  • 「おためしトーク」自体のイベント時間が短い
  • すぐに通話相手が見つからないで待つ
  • 通話したい相手の自己紹介文が見られない
  • ビデオ通話ができない
  • もっと長い時間話をしたい

悪い評判で多いのは「通話が途切れる」という口コミ。通話が途切れるのは「おためしトーク」だけではなく通常の「with通話」をしている人の中にもいました。他アプリの通話機能の評判を調べても「通話が途切れる」という口コミ評判は多くあります。

自動で相性の良い人を見つけてはくれます。しかし、すぐに相手が見つからない場合もあります。結果、通話まで時間がかかることもあるという口コミもありました。

10分経ってから相手が見つかったという人もいます。イベント開始して相手がまったく見つからずに切るのではなく、根気よく相性の良い人を自動で見つけてくれるのを待ちましょう。

シャイな人はいざ参加するとガチガチになる人もいるようです。いきなり話すのに慣れていない人はメッセージのやり取りをして安心した後の「withの通常通話」をする方がいいかもしれません。

自動で相手を見つけていきなりカウントダウンで通話がはじまるのも緊張する原因のひとつかもしれません。

withのおためしトークの機能と参加条件

おためしトークの機能

おためしトークとは特定の期間(2時間くらい)にあらわれるイベント。特定の相手と通話が可能です。(自動で決まります)

イベントに参加したもの同士で以下のような人と通話を楽しめます。

  • あなたの地域の人と
  • withがあなたと相性のよい人を自動でピックアップして通話
  • 事前メッセージは必要ない
  • 1対1で
  • イベント時間中なら何人とでも
  • マッチングしていない人と
  • 8分間のトークが可能
  • もっと通話したいときは「いいね」の送る
    (相手も送ってきたら再度通話OK!)

参加条件

「おためしトーク」のイベントに参加できる条件は以下のとおり。

  • 男性はVIPオプション(有料)を利用していること
  • 女性は本人確認をしていること
  • 「いいね」残りポイントが少ないと通話に参加不可

おためしトークは相性のいい人を自動で選んでくれること。最大のメリットといえるのがメッセージのやり取りの必要なく通話ができることでしょう。

地域も近い人とできますしリアルに出会う確率を格段にあげてくれるイベントといえます。おためしトークはやり取りがない相手との通話です。8分という短い制限があるからこそ気軽に通話ができるのも魅力。

禁止行為

with「おためしトーク」の禁止行為としては通話の録音とスクリーンショットが禁止です。相手が不快と感じる発言も禁止です。節度をもって通話しましょう。思いやりのある人は誰の目からも魅力的です。

おためしトークの評判と機能からみた3つの活用法

おためしトークはイベント期間中なら何人でも話せます。そのことを頭にいれて気楽にのぞみましょう。

1.自分のプロフをカンタンに紙にまとめておく

3つの中でもっとも重要です。会話に慣れていない人で話が止まる原因は、ほぼコレ。しかし通話相手もランダムで決められるため、事前に何を話すか準備しておくのは難しいでしょう。

あなたと相性がいい人を見つけてくれるのが「おためしトーク」。イベントにのぞむときは、できる限り通話をスムーズにして相手を楽しませたいですよね?楽しい会話をするためにもプロフィールを充実させておきましょう。

盲点なのか自分のこと。意外にも自分のことすら緊張していると声にでないことがあります。プロフィールに書いてあることを紙にまとめておくようにしましょう。

カンニングペーパーでも相手を楽しませる台本だと思って準備しておくのもいいでしょう。

話なれていない人はイベント前に以下の2点を準備。

  • プロフィールを充実させておく
  • 自分のことでもスラスラ話せるように紙に書いておく

2.イベント時間中は多くの人と通話する

「おためしトーク」が開催されたら積極的に参加していきましょう。2時間くらいのイベントではあります。しかし8分の通話が何度も何度もできるというメリットがあります。

例え、ひとり目が失敗してもイベントは中止させずに勇気をもって2人目、3人目と続けていきましょう。数をやれば必ず経験となりよい結果になります。

相手を見つけてくれるまで時間がかかる場合もあります。真剣にマッチングをしたい気持ちがあるなら最初から最後までいるのがオススメ。可能性を少しでもあげるには1人でも多くの人と話すことです。

3.通話後はいいね!かバイバイ

「おためしトーク」が終了すると以下の画面になります。

カンタンに「いいね!」か「バイバイ」を選べます。どちらも「いいね!」をすれば何もせずにマッチング。おためし通話の大きなメリットのひとつ。

カンタンにバイバイもできると思ってイベント期間内に通話を多くしていくのが出会いを成功させるコツです。

通話をしてフィーリングが合って「もっとお話しをしたい!」「もっとこの人のことが知りたい」と思ったら「いいね!」を送って今後もやり取りを続けていくとよいでしょう。

少しでも違和感があったら「バイバイ」を押すのがいいです。ご自身の直感を信じて「いいね!」「バイバイ」を選びましょう。

「おためしトーク」と「with通話」との違い

大きな違いは「マッチングしている状態で通話できるか」です。with通話はβ版になります。いつ終了するかわからないと明記。

with通話の条件や特徴は以下の7つ。

  • 1回の通話は30分
  • 1日通話時間マックスは2時間まで
  • 30分で切れても1日の2時間までなら同じ相手との通話もOK
  • メッセージのやり取りが5往復以上している
  • 1対1出の通話
  • 男性は本人確認+VIP会員(有料)になっている必要あり
  • 女性は本人確認を行っている必要あり

with通話は1回の通話はおためしトークの8分に比べると、30分ができます。with通話の特徴は長い時間通話ができる点です。マッチングしている相手が条件もあり、安心してじっくりと話せるのがwith通話。

自分と相性のよい人(マッチングしていない人)とメッセージのやり取りなく、気軽に通話できるのがおためしトークといえます。

withでビデオ通話するときは背景に気を付ける!

「おためしトーク」でビデオ通話はできません。しかしマッチングした後にできる「with通話β版」はビデオ通話が可能。

仲良くなって通話ではなくて「ビデオ通話」をしようとなったら背景には十分に気を付けるようにしましょう。

with通話β版でビデオ通話するときは以下の5点に注意しましょう。

  • 汚い部屋をビデオの背景に映り込まないようにする
  • 変なものをうつさない
  • 嫌われるようなものをうつらないようにする
  • できる限り清潔感があるようにする
  • 再度、相手とのやり取りやプロフィールを見て苦手そうなものを映らないようにする

通話の背景にうつらないようにしましょう。

withのトーク 背景は変えられる?

結論からいうとwithのトーク背景は変えられないでしょう。ネットをみるとトーク背景が変わっている画像を見受けます。しかし公式のヘルプにもトークの背景については一切書かれていません。

トーク画面は上記のような画像になります。

  • 吹き出しの赤いものが自分
  • 吹き出しの色が灰色は相手側

吹き出しの色は男女性別関係なくこのような色になります。チャット一覧では薄い青の背景が未読。白いメッセージが既読です。

通話が気軽にできるwith以外のマッチングアプリ3選

Omiai(オンラインデート)

Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)にはオンラインデートという機能があります。

オンラインデートの特徴的なものは6つ。

  • 1日15分、何人でも通話が可能
  • 同じ相手とは1日1度のみ
  • 毎日AM4時がスタート
  • 男性は有料会員の必要あり
  • 女性は無料
  • マッチングした後

1日にできる通話の時間はwithに比べると短いです。しかしマッチングしたらすぐに通話ができるのはメリット。omiaiでは「画像あり」がビデオ通話になります。

時間が短くてもLINEの交換をすれば問題なくやり取りができます。出会いを意識している相手ならLINE交換するのもいいでしょう。

タップル(ビデオチャット)

タップル(tapple)

タップル(tapple)ではビデオチャットという通話機能があります。ビデオチャットを利用するには本人確認が必要です。ビデオチャットだからビデオ通話しなければならないことはありません。

通話する画面でカメラマークに線が入っていたらカメラはOFF状態です。斜線が入っていなかったらタップすればカメラOFFにすることが可能。

ビデオチャットの主な機能は以下のとおり。

  • マッチング後に通話可能
  • 男性は有料会員の必要あり
  • 女性は無料
  • 1回目の通話時間は15分、2回目以降は60分

タップルもwithに比べるとメッセージのやり取りが必要ない分、通話へのハードルは低いです。仲良くなっていたらここでLINEなど連絡先を交換してしまうのもひとつの手ではないでしょうか。

Pairs(ビデオデート)

ペアーズ(Pairs)

Pairs(ペアーズ)にあるのは「ビデオデート」という機能があります。

ビデオデートの特徴です。

  • マッチングしていたら通話できる
  • 3通以上のやりとりが必要(両方とも)
  • 1回目の通話15分、2回目以降は60分(1回目と同じ相手)
  • 1日3時間まで通話可能
  • 男性は有料会員&本人確認が必要
  • 女性は無料だけど本人確認が必要

メッセージのやり取りが必要なところはwithに似た部分もあります。通話時間が長いのも特徴です。前述のとおり通話時間はあまり関係ありません。

本当に会う気があり相手のことを信頼できる場合はLINEなど連絡先を交換するのもあり。ただ業者や投資詐欺の可能性があるので、危険人物かは可能な限り見極めてから連絡先の交換をしましょう。